河本準一一家はナマポ規制強化の生け贄な件について

 自業自得と言っちゃあそれまでだけど、彼らの一家以外の社会へのヤドリギ・ナマポ連中への規制強化OKの世論作りをするために、官側から必要以上の晒しものにされた感は否めない。この会見と合わせたように、ナマポの支給水準引き下げと支給条件の厳格化が進められることになったしな。

 図らずもお国のためになったということで、河本一家もまあ言いたいことはあるだろうけど、諦めろと。特に片山さつき女史への恨みつらみを並べた河本姉。アンタは片山女史個人を恨んでいるようだが、それはちょっと間違ってる。あんたらを潰したのは一国会議員ではなく「国」そのものなんだから。潰されるようなことをしたのは、あんたら自身なんだから。

母の生活保護、数年分は返納へ=「考え甘かった」―次長課長の河本さん

 お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(37)は25日午前、東京都新宿区の吉本興業東京本部で記者会見し、母親が生活保護を受給していたことを認めた上で、「福祉事務所と話をしながら決めてきた」と述べ、受給自体には問題なかったとの考えを表明した。ただ、最近は自身の収入が増えていたことから「考えが甘かった。深く反省している」として、過去数年分の受給分について「きちんとお返ししたい」と語った。

 河本さんによると、受給が始まったのは14~15年前。岡山県の母親が病気のため仕事ができなくなったが、当時は自身の収入が100万円を切っており、扶養できなかったという。

 収入が増えた5、6年前から一定額の仕送りを始め、今年に入ってさらに増額したが、受給は続けていた。その間、河本さん自身が病気になるなどしたこともあり、福祉事務所と相談した上で仕送り額などを決めた。虚偽申告など違法な点はなかったという。

 この問題は4月12日発売の週刊誌「女性セブン」が匿名で報じて発覚。他の週刊誌なども相次いで取り上げ、片山さつき参院議員が厚生労働省に調査を求めるなど波紋を呼んだ。

 ただ、問題視されたことを受け、母親は同月、受給を辞退したという。

 行政担当者から辞退などを求められたことはなく、返納は「自分の気持ちです」と述べ、方法などについて「行政の担当者と早急にお話ししたい」と話した。 

(5月25日 時事通信)

 さて、これからの問題は残りのナマポ受給者のうち、本当に必要な方々をどうやって選別するかだよな。とりあえず、国籍でソートかけて、医療費その他の公的負担の是非の検討から始めてもらうか。ついでに一言。性善説に立脚した福祉行政が詐欺師の温床にならなかった例は、古今東西一つも無い。

 ここで「東方の日常でカカカタ☆カタオモイ 【完成版】」を紹介。


D

作者氏の東方愛に拍手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です