民主・増子議員がマルチ業者監査役=業務停止命令後も報酬月20万円

f:id:kagura-may:20081103223928j:image

 そして、再び相手の自爆を待った挙句に、倍の規模で「お付き合い」自爆する。それが民主党クオリティ。え?社民?自爆できるだけのコマも既にいませんが何か?。

 小人閑居して不善を為す。総選挙が延期になってやることがないのか知らんけど、この手の刺し合いと相手の自爆待ちのような三流政争には、ぶっちゃけもう飽きました。せめて、与野党共もう少し気の利いた「仕掛け」はできないのですかな?。

 民主党で「次の内閣」の経済産業大臣を務める増子輝彦参院議員(福島選挙区)が、経産省から昨年8月に業務停止命令を受けたインターネット機器販売会社「ユナイテッド・パワー」(東京都)の監査役を務めていたことが3日、分かった。増子氏は「長年の友人から依頼され就任したが、業務停止命令の後に辞任した。同省への指示や同社への便宜を図ったことはない」としている。

 増子氏によると、監査役に就いたのは、福島2区から出馬し落選した2005年9月の衆院選後の同年12月。月額報酬は20万円で、昨年12月まで2年間務めた。

(11月3日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です