東証、NY証取と提携で合意へ=第一弾は投信の相互上場など

 正直、投資家サイドからするとメリットは殆ど無い提携。一方で、発行者サイドや証取関係サイドのメリットは大きい。米ナスダックがロンドン証取に仕掛けているTOBは今だ激戦の真っ只中だが、さて、「こっち」はどうなりますかね。意外とスンナリ「提携のその次のステップ」ってことになりそうな気もしないではないですが。

 東京証券取引所は31日にも、ニューヨーク証券取引所(NYSE)と上場投資信託(ETF)の相互上場などを柱とする業務提携を結ぶことで合意する。2009年度をめどとする資本提携を視野に入れた関係強化の第一弾。取引所間の競争が激化する中、東証は世界1の取引規模を誇るNY証取と連携することで、国際戦略に弾みを付けたい考えだ。 

(1月28日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です