本格的に羽生結弦時代が到来した男子フィギュアな件について

 得点以上に、強さの格が違うわ。高橋&織田時代が、既に遠くに感じる。

羽生がSP首位発進!高橋4位、無良は8位

 フィギュアスケートの四大陸選手権は8日、大阪市中央体育館で開幕し、男子のショートプログラム(SP)で羽生結弦(18=宮城・東北高)が87・65点で首位につけた。最後の3―3回転のコンビネーションが1―3回転になるミスも出たが、冒頭の4回転トーループは完璧に決め首位に立った。

 高橋大輔(26=関大大学院)はベートーベン作曲の「月光」に替えたSPを初披露したが、4回転トーループでバランスを崩し、トリプルアクセルでも転倒するなど、ジャンプでミスがあり、82・62で4位。

 無良崇人(21=中京大)はジャンプミスもあり、シーズンベストの78・03点を出したものの、8位。2位には85・08点をマークしたハン・ヤン(中国)がつけた。

(2月8日 スポニチアネックス)

 女子は、まだ暫く真央ちゃん無双かねえ。それもまたどうかと思うけど。

 ここで「物理演算でおっぱいが水にどう浮くかを検証」を紹介。


D

エロスへの憧れは、人類の技術発展の原動力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です