新年、あけましておめでとうございます!な件について

 月並みなご挨拶ですが、新年あけましておめでとうございます>ALL。只今帰還しました&本年もよろしくお願いいたします。つきましては…ですが、年も代わったからというわけではありませんが、このブログの在り様も少し変えたいと考えます。

 まず、某「聖☆おにいさん」ではありませんが、「ブログで政治と野球と宗教の話はNG」…いや、少し甘めにして「政治と宗教の話はNG」(笑)。「彼ら」との喧嘩は、ブログと本音の後ろ側で、その分容赦なくやった方がいいという結論に至りましたので。誰のせいとは言わないけど。

 次に「少し本道回帰しよう」。単なる世情チックな時事&ニュースネタに備忘録的なコメントをするのもいいけど、もう少し趣味に走ったネタで遊ぼうかな、と。要は「ヲタに戻ろう」。連中へのコメントはこれから嫌でも直接やることになるのに、わざわざブログで二度同じことを言う必要もないでしょうし。

 いえね。正直、本音で言わせてもらうとぶっちゃけアレなわけですよ。

「協力はしてやる。だから覚悟してね♪」>該当者ご一同。

 しばらくは試行錯誤になりますが、皆様どうかお見捨てなく。

 ここで「[NHK総合・東京] 第60回NHK紅白歌合戦 水樹奈々 – 深愛」を紹介。


D

昨日携帯で見ていた時は、1カ所歌詞が「?」かなと思っていましたが、今聞くと大丈夫でしたね。失礼しました。

【紅白】水樹奈々、亡き父に捧ぐ初出場 「お父さんありがとう」

 人気声優の水樹奈々が昨年の大みそかに『第60回紅白歌合戦』に初出場し、「深愛」を歌唱。声優として史上初の紅白出演を決めた水樹は本番後、報道陣の取材に応じ「すごく楽しかったです」。歌い終えて「お父さんありがとうって思いました」と、2008年に亡くした最愛の父へ万感の想いを込めてステージに臨んでいた。

 「サイリウムがすごく光っていて、自分のライブのように思えました」。水樹は「皆さんサイリウムを振ってくれて、いつものNHKホールより数十倍大きく見えた」と感慨深げに会場を振り返った。

 自身のステージングには「100点と言いたいです」と大満足で、「すごく緊張したけど、本番前に(同じ紅白応援隊の)テリー伊藤さんと関根麻里さんに固い握手をしてもらった」と笑顔。来年は「声優として、歌手として、これからも頑張ります」と抱負を語っていた。

(1月1日 オリコン)

 改めておめでとう>奈々ちゃん。それにしても、できない相談だと分かっていても、水樹奈々女史初体験の人には、是非フルコーラスで「深愛」を聞いて欲しかったと思うのですよ。

水樹奈々/NANA MIZUKI LIVE DIAMOND – 深愛(アコースティックVer.)


D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です