救出メール、緊迫性なし判断=友人あてで「顔文字」-女性監禁傷害・大阪府警

 大阪府茨木市のマンションで、女性会社員(24)が5カ月間監禁された事件で、女性の両親の捜索願を受けた府警堺東署が、女性が監禁直後に救出を求めたメールが友人あての上、文面に若者が好んで使う「顔文字」が使われていたため、緊迫性がないと判断していたことが6日、分かった。 

(時事通信) – 8月6日

 文面にもよるけど、警察にそうミスリーディングされてもしょうがないかも…>女性会社員(24)。

 最近の若い人の間じゃ、遺書で「(´Д⊂ モウダメポ」、脅迫状で「(#゚Д゚) ゴルァ!!」を使うのがデフォルトってんなら分からんでもないけど(ぉ)、ふつーにSOSなら、相応の緊急性を送り先にも感じさせる文面で送らないとダメじゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です