折口会長、報酬5割カット―グッドウィル=無配転落で経営責任

 記事中じゃ「無配にまで落ち込む業績悪化!」と煽ってはいるけれど、損失の大半ってM&A関連のれん償却負担だから一時的なもの>最終赤字転落。なーんか、読み手をミスリーディングしようスメルがプンプンしてイヤン。

 もっとも、介護事業が営業損益の段階で12億円あまりの損失計上ってのは、単に事業モデルの破綻(介護保険制度改正の影響)だけじゃなく、業界&監督官庁側からのパージの結果だから、金額以上に結構根深い敗北な訳だけどさ。ま、でぽちん折口氏自身が頑張り屋なのは認めるけど、そろそろグッドウィルには表社会から退場してもらいたいですね。子会社の「大瓢箪のお友達」クリスタル(できれば同類・フルキャストあたりも)を道連れに。

*グッドウィル・グループ <4723> は30日、業績悪化で無配に転落する経営責任を取り、創業者である折口雅博会長の役員報酬を半年間、5割カットすると発表した。同社は29日、介護事業の不振が響き、2007年3月期連結の最終損益が300億円の赤字(従来予想70億円の黒字)に陥り、年間配当(同1000円)も見送ると発表。このほか、介護大手の子会社コムスンの役員らも半年間、3―1割の幅で報酬をカットする。

(3月30日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です