愛国的行為と愛国無罪は違う

 石原閣下や安倍のボンは、そこらへんの感覚危ういよなあ(笑)。彼らは、sengoku38氏をダシにして効率的に大衆を煽動したいのかもしれないけど、「愛国者」云々で世論を煽るのは個人的に止めて欲しい。そのアプローチは、大衆を「愛国無罪」という思考停止状態に陥らせる禁断のスイッチ。そして、「愛国無罪」を賞賛するような極右的世論は、諸事内向きの正義経由で先鋭化/粗暴化するんで、長期的な「国益」には繋がらない。というわけで、私ら保守中道派にとっては超迷惑なんですけど。今の風潮って。

 ぶっちゃけ、尖閣ビデオ流出事件を愛国無罪のシンボルに祭り上げる極右連中は、2年前のザル国籍法改悪を強行した極左集団と、ベクトルが違うだけで同レベルの●●●●、亡国推進集団だな。今回の事件を国のため、「愛国的」に活かしたければ、素直に「sengoku38氏を犯罪者にした元凶・民主党の売国&無能政権を打倒しよう!」でいいじゃん。無理なく無駄なく「国益」ありなんだから。

保安官は「愛国者」=漁船衝突ビデオ流出で―石原都知事

 東京都の石原慎太郎知事は12日の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突のビデオ映像流出事件について「流出させた人間は愛国者だと思う。売国内閣が罰する資格があるのか」と述べ、ビデオ映像の流出を認めた海上保安官の処罰に否定的な考えを示した。また、保安官の行動を「国民に知らせるべきだと思ったとしたら動機は愛国的だ」と擁護した。

(11月12日 時事通信)

ビデオ流出職員を称賛=「逮捕するのはおかしい」―自民・安倍氏

 自民党の安倍晋三元首相は11日配信のメールマガジンで、中国漁船衝突ビデオを流出させたと名乗り出た海上保安官について「日本の正統性を国民と世界に示した」とたたえた。一方で、映像を非公開とする判断を主導した仙谷由人官房長官に言及し「ひざを屈して日中首脳会談をやりたがる男と、どちらが愛国者か答えは明らかだ」と批判した。

 安倍氏はまた、「保安官を逮捕するのはおかしくないかと友人から問われたが、その通りだ」とも指摘した。 

(11月11日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です