恥ずかしいったらありゃしない

 欲に惑いし哀れなピエロ。人を傷つけ貶めて、罪に溺れし業の魂。「いっぺん死んでみる」?>「人前で謝れない」社会不適合オヤジ。

地獄少女『閻魔あいフィギュアシリーズ』”裁き”

地獄少女『閻魔あいフィギュアシリーズ』”裁き”

亀田パパ暴言 金平会長が謝罪へ

 亀田3兄弟の父・史郎氏の暴言を問題視し、日本ボクシングコミッション(JBC)の審判らで構成する試合役員会がライセンス停止などの厳しい処分を求めた問題で、金平会長はJBCに謝罪する意向を表明した。史郎氏は3月に亀田がノンタイトル戦で判定勝ちした後、役員控室へ戻ったレフェリーに暴言を浴びせた。同会長は「お父さん(史郎氏)とは話をした。ちゃんとした書面を持ってお伺いする」と話した。

(スポーツニッポン 2007/4/15)

 昨年ポンサクレックから挑戦されそうになったら、速攻でライトフライ級にトンズラかましたのは亀田一派の方じゃありませんでしたっけ?>「マイペースな挑戦者」殿。

亀田が年内対戦拒否するWBC王者を挑発

大阪での凱旋試合の会見で真剣な表情を見せる亀田興毅 「浪速の闘拳」亀田興毅(20=協栄)が、自力でWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(29=タイ)への年内挑戦を実現する。フライ級2戦目が5月23日大阪市中央体育館で行われることが発表された14日、標的のポンサクレックから年内の対戦を「拒否」されていることが分かった。今年中に2階級制覇という夢を実現するため、現在3位の世界ランクから、挑戦者として指名される1位へのランクアップを誓った。まずは、約2年5カ月ぶりの地元大阪凱旋(がいせん)試合で、1年ぶりのKO勝利を狙う。

 首を洗って待っとけ! 返上したライトフライ級に続く、年内の2階級制覇に意欲の亀田は、王者ポンサクレックから年内の対戦を「拒否」されたことに「『来年戦いたい』とか言ってるらしいな。でもあきらめんよ」と語気を強めた。

 ポンサクレックは6日、同級14位清水智信を7回終了TKOで破り、対日本人選手8連勝で17度目の防衛に成功。試合後現地メディアに「来年は亀田とやりたい。無礼な男なので、礼儀を教えてやる。必ず倒す」と話した。その後、年内対戦を想定していた亀田陣営に対してこれ見よがしに、6月には同級6位内藤大助、同10月に清水との再戦を予定。12月には、地元タイのプミポン国王の誕生日を祝い、王宮前広場での節目20回目の防衛戦構想まで明かした。

 マイペースの王者を振り向かせるには、こちらからアクションを起こすしかない。亀田は「(現在3位の)世界ランクを1位に上げて、指名試合でいくか」と言い放った。同級1位ポノムルンレック(タイ)2位フセイン(オーストラリア)を倒し、世界ランク1位となり「指名試合」の相手として挑戦する作戦だ。協栄ジムの金平会長も「最短なら10月の世界挑戦もできる」と希望を込めた。

 この日、フライ級2戦目が5月23日、大阪市中央体育館で行われることが発表された。04年12月以来となる故郷大阪での凱旋試合。対戦相手は世界ランカーだけに、世界ランク維持のためにも負けられない。「大阪のみなさん、お待っとさんってとこやな。大阪は熱い所だから豪快にいくよ」。大差判定勝ちした先月24日のモラレス戦後は、わずか2日休んだだけで練習を再開。年内のポンサクレック戦実現のためにも、昨年5月以来から遠ざかるKO勝利を誓っていた。【田口潤】

(日刊スポーツ – 2007/4/15)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です