小沢氏と創価学会会長会談 民主代表就任で

 民主党の小沢一郎代表が11日、創価学会の秋谷栄之助会長と東京都内で会談していたことが15日明らかになった。創価学会は自民党と連立政権を組む公明党の支持母体。小沢氏の動きに対しては、小泉純一郎首相の9月退陣後の政界再編をにらんだものとの見方もある。

 関係者によると、小沢氏側から11日当日になって、秋谷氏側に会いたいとの連絡があった。代表に就任したことに伴う「表敬訪問」で、都内の創価学会施設で10分間ほど会談した。詳しい会談内容は明らかになっていない。

 小沢氏はこのほか、日本経団連や全国特定郵便局長会など自民党支持色の濃い団体へ異例のあいさつ回りをしている。

(共同通信) – 4月15日

 小沢代表は「自民がヘタ打ったら民公連携もあるぞー」、創価学会は「今以上学会を軽く扱ったら連立は無しになるかもしれんぞー」と自民への牽制のつもりでしょうが、同床異夢なのはバレバレですから「残念!」。せいぜいだらだらしとけ、ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です