宮崎駿と庵野秀明の奇妙な冒険「風立ちぬ」な件について

 どうせ鈴木Pの仕込みだろ?と脊髄反射で思っちゃうし、実際そうなんだろうけど、老い先短いパヤオが、マジにはっちゃけたくなっただけとかだったら面白い。

 実を言うと、「ガルパン」に触発されたパヤオが、ロリ趣味&同人風味満開の戦車ドンパチアニメを、人生の最後に作る気になってるかも…と仄かに期待している。

 人生の最後くらい、自分の好きな作品作って逝けよ、パヤオ。今回の「愛国戦隊大日本」庵野の起用がその心意気の嚆矢なら、ぶっちゃけウェルカムってもんだ。

ジブリ最新作、主人公声優に「ヱヴァ」庵野監督

 人気アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン」シリーズで知られる庵野秀明監督(52)がスタジオジブリ最新作「風立ちぬ」(7月20日公開、宮崎駿監督)で長編アニメ映画の声優に初挑戦することが9日、分かった。

 零戦を設計した実在の技師で主人公の堀越二郎役。〔1〕早口である〔2〕滑舌がよい〔3〕凛としている-などの主人公のイメージにピッタリとして起用された。庵野氏は当初オファーに戸惑ったが、1984年のジブリ映画「風の谷のナウシカ」で原画を担当して以来、師と仰ぐ宮崎監督から「是非に」と言われ、快諾した。

 庵野氏の声優は、2002年にCS放送「キッズステーション」のアニメ「アベノ橋魔法☆商店街」にゲスト出演して以来で、アフレコでは膨大なセリフ量に「難しい」と苦笑していたという。ジブリとエヴァの“合体”は話題になりそうだ。

(5月10日 サンケイスポーツ)

 ただ、それはそれとして、「相変わらずのプロ声優外し&営業用芸人起用戦略には、違和感感じるわ」>ジブリ。そんなにしてまで作品構成要素No.1の位置にしがみつき、安心感を味わいたいのか?。トップブランドって厄介だな。堕ちるのがそんなに怖いのか?。

 最後くらいは素直になりなよ。パヤオも。最後の最後くらいは、文化人じゃなく、ただのヲタクに戻って好きなもの作れよ。好きなロリ絵とロリ声優使ってさ。

 ここで「【修正版】這いよれ!ニャル子さんW ED4に中毒になる動画?」を紹介。


D

人間素直が一番よ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です