安倍氏、総裁選に圧勝…自民党第21代総裁に選出

 自民党総裁選は20日午後、党員票の開票と党所属国会議員の投開票が行われ、安倍晋三官房長官(52)が第1回投票で全体の66%の票を獲得し、麻生太郎外相(66)、谷垣禎一財務相(61)に圧勝した。

 その後、党本部で開かれた党大会に代わる両院議員総会で、第21代総裁に選出された。安倍氏は、臨時国会が召集される26日の衆参両院本会議で、第90代、57人目の首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる見通しだ。

 安倍氏は初の戦後生まれの総裁で、首相としても、戦後では田中角栄・元首相の54歳を抜いて最年少となる。

 今回の総裁選は、小泉純一郎首相(党総裁)の任期満了に伴って行われた。安倍氏の総裁任期は、2009年9月30日まで。

(読売新聞) – 9月21日

 「参院の連中に余計なこと言わなけりゃ安倍氏はもっと圧勝だったかも」ですが、そのおかげで麻生氏・谷垣氏ともに100票越えと成ったのは「瓢箪からコマ」と言うべきか。「警戒されるほど強からず」「侮られるほど弱からず」。今後の党内で両者が一定の発言力と影響力を持てるようになったのは、むしろ僥倖と言うべきか。方や「ポスト安倍一番手」として、方や「党内反主流派の旗手」として、その存在感を維持し続けて欲しいものです。

 ちなみに、これで、非主流派陣営が殊更に(元・非主流派を含む)造反組全体の復党を促がす必要性は低くなり、一方で安倍派陣営が自然(かつ意図的)に一部造反組と交渉に当たる名目は立ちました。もしこの効果を見越しての対参院パフォーマンス、舞台演出だったとしたら、安倍氏の側近には相当な知恵者がいますね。多分偶然でしょうけど(ぉ)。

 さて、今日から安倍総裁は人事構想を練る為に山篭りだそうですな。幹事長候補としてローゼン閣下や中川秀直氏の名前が出ているようですが、閣下がどうというより「中川氏だけはやめとけ」と言いたいです。「太鼓持ち」山本一太や「媚び媚びシスターズ」片山さつき&佐藤ゆかりのような軽薄な輩はもとより論外としても、目先のパフォーマンスというかここ数年間の功を重んじる余り、中川氏のような怪しい人物を今以上に取り立てるのはいかがなものか。新政権がいきなり時限爆弾を抱えることになり、下手をすると過日の森首相と同じ轍を踏みかねません。安倍氏には、どうかその点を熟考して頂きたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です