地下鉄消えるはずだった!50年前の未来像、6割外れ

 1960年に科学技術庁(当時)が予測した21世紀初頭の技術135項目のうち、実現したのは携帯電話や高周波調理器(電子レンジ)、人工授精・精子の永久保存など54項目と4割にとどまることが、文部科学省系のシンクタンク、未来工学研究所などのまとめでわかり、28日、判定結果を公表した。

 技術予測は当時の中曽根康弘・科技庁長官の提案で原子力、医学、宇宙など各分野の第一人者を集めて実施。『21世紀への階段』のタイトルで出版した。

 実現しなかったのは、月への拠点となる「地球空港」の洋上設置や、主婦がテープレコーダーに吹き込むとその家事をこなす電子お手伝いさんなど。特に振るわなかったのが原子力関係で、7項目のうち実現はゼロ。増殖炉など4項目の「一部実現」にとどまった。

(読売新聞) – 8月28日

 政治的&金銭的な理由で開発にブレーキかかっている技術もありますけどねー。ちなみに再来年は超磁力兵器が実用化されるはず。こわい。こわいね。太陽エネルギーが一杯こわい。いつかーあなたのすむまちへいくかもしれませんーbyギガント。

未来少年コナン 1 [DVD]

未来少年コナン 1 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です