土地整理巡る国会質問封じ、不動産会社相談役を逮捕

 今回の騒動に関して大手メディア連中は、この事業そのものの胡散臭さについては静かにスルー。ハゲタカファンド・サーベラス一派と、その丁稚の昭和地所と、連中と提携している893による虫食い地上げ活動のエゲツナサについては華麗にスルー。

 その一方で、コトの親玉から程遠い三下連中、切られた尻尾は必要以上に叩きますか。香ばしくも微笑ましくて涙が出てくらいby東野英心。

 都市再生機構(UR)が東京・南青山で進める土地整理事業に絡み、国民新党の糸川正晃衆院議員(32)(比例北陸信越ブロック)の国会質問を封じようと脅していたとして、警視庁組織犯罪対策4課は22日、大証2部上場の不動産会社「平和奥田」(滋賀県東近江市)の相談役、山元康幸容疑者(49)を暴力行為等処罰法違反(集団的脅迫)の疑いで逮捕するとともに、滋賀県草津市の芥川正次・前市長(48)についても同容疑で逮捕状を取った。

 調べによると、山元容疑者と芥川前市長は昨年3月、糸川議員を地元・福井市内のスナックに呼び出し、暴力団員を同席させたうえ、「今後質問すると、東京の仲間は許さないと思う。命的にもね」「これは組が絡んでいることだから」などと脅した疑い。山元容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

(2月22日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です