国際社会には「永久の利益」しか存在しない件について

<チベット>

<仏大統領>「チベットは中国の領土」胡主席と会談で確認

↑↓

<日本>

米女性記者拘束問題、長期化も “人質”として外交カードに?

北ミサイル迎撃せず ゲーツ長官 米標的でない限り

韓米国防相が電話協議、北ロケット対応を持続協議へ

 「他国の外交の具とされた国」チベットと日本。しかし、両国の現状には天と地ほどの差がある。そんな両国の違いは、つまるところ、振り上げる拳を既に他国に奪われているか、まだ奪われていないかに尽きる。

 所詮、国際社会には「永久の平和」も「永久の友好」も存在しない。あるのは永久の「利益探究」だけ。その理に従って生贄にされるのが嫌ならば、チベットの嘆きの轍を踏みたくないのならば、日本は自らの力で抗うしかない。少年ジャンプ風に言えば「知恵と勇気と矜持を持って」。

                     , ヘ       _ノ^~
            ,-、___.  -‐r‐〈  '、   ~'"
           __{   { : : : : V/ノ  \   ~~'^ー'⌒
        ,.x≦//7   ` ‐–‐'´-‐"¨ ヽ  _.-、_,~~
      /. : : : : : ,'  -‐ "¨  、,    _ }
   /⌒/. : : : : : : : {  _   t__ノ >'   -,′
    { ,'. : : : : : : : : 入  -    V  {   ノ
   ヽ!: : : : : : : : ノ   `‐z、_______ゝ_ノィ '´
     { ` ‐–‐ '        ̄¨`‐'´ }
    ヽ                 /
      `ー —— ——— ‐'

 「もっとも、それだけでバカ正直にコトに当たる奴は、すぐに列強から喰われるがな」

 スキルとして重要なのは「根回しと詐術と恫喝」。要は「美魂醜才」。今回の騒動に限っても、北の連中が何かやらかすとしたら、それは十中八九軍事行動ではなく国内テロ。美の要素なんぞカケラも無い戦いになりそうだしね。

 

今日の一銘柄

  • NTN(4091):軸受け大手3社の一角。等速ジョイントは世界シェア2位、アクスルユニットは世界トップ。自動車関連銘柄、そろそろ回復の時!。4/2日終値は前日比16円高の307円。4月第4週中の目標株価360円。向こう半年間の目標株650円。

 ここで脈絡アリアリで「【夏目友人帳MAD】にゃんこ先生の憂鬱」を紹介。


D

なんか、別のにゃんこ先生がいたぞなもし(笑)?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です