名古屋市長選は現職の河村たかしが勝利 ~ この結果は、河村の圧勝以上に自公の自滅。

 河村の対抗馬に住田代一副市長を推す予定が、公明党のチキンハートのせいで全てご破算。最後まで足並み揃えられなかったからな。馬鹿なことをしたもんだ。

 まあいい。橋下徹@日本維新の会同様、田舎大名で終っているうちは、どうということは無い。昨年末のように国政に色気を出してきたら、また灸を据えてやるだけだ。

名古屋市長に河村氏3選=元自民市議ら2新人破る

 任期満了に伴う名古屋市長選は21日投開票され、無所属で現職の河村たかし氏(64)が、自民、民主両党県連の支援を受けた元自民党市議の藤沢忠将氏(43)、自営業の柴田民雄氏(48)=共産推薦=の無所属2新人を破り3選を確実にした。

 自身が率いる地域政党「減税日本」の推薦を受けた河村氏は、市民税5%減税や市長給与と市議報酬の削減などを任期中の成果として挙げ、「既存の政治に立ち向かう庶民派市長」像を強調。「税金還元は最大の市民サービス」と主張し、知名度の高さも生かして幅広い支持を得た。

 藤沢、柴田両氏は「市民サービスの低下を招いた」「減税は地域経済に効果が見えない」などと、河村氏の減税政策を批判。藤沢氏は先端産業の育成などによる地域経済の成長戦略を、柴田氏は1人当たりの国民健康保険料の年間1万円引き下げを訴えたが、及ばなかった。 

(4月21日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です