吉報、悪報、怪報

 まずは、7度目の防衛おめー>新井田。ミニマムでKO&新井田がKOって超違和感だけど(おぃ)、いい、ボク今日はガマンする(^^)/。

 次戦は「本番」のローマン・ゴンザレス@WBA世界ミニマム級1位とのこと。気ぃ抜かずに次戦も勝って、世間の予想を見事裏切ってくれ!。

新井田、歴代4位の7連続防衛=バレラにKO勝ち-WBAミニマム級

 世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級タイトルマッチ12回戦が1日、東京・後楽園ホールで行われ、王者の新井田豊(横浜光)が同級13位の挑戦者、ホセ・ルイス・バレラ(ベネズエラ)に6回2分16秒でKO勝ち、7度目の防衛に成功した。

 連続7度の防衛は、日本のジム所属の王者では13度の具志堅用高、9度の勇利アルバチャコフ、8度の徳山昌守に次ぐ歴代単独4位。新井田は10度目の世界戦で初のKO勝ちで、戦績は23勝(9KO)1敗3分け。バレラは15勝(7KO)4敗1無効試合となった。 

(3月1日 時事通信)

 新井田とは逆の意味で、「らしくない」しょっぱい試合やらかしたのが、今日のゼロックス・スーパーカップの関係者。実際アントラーズとサンフレッチェの選手&ベンチついでにアントラーズサポーターの態度もいい加減アレだったし、「カード乱発屋」家本政明主審も相変わらずだったけど、一番頭にきたのはこの記事↓。

 「こういう試合でJ2が優勝したのは、いいことではない」って、サンフレッチェに超失礼じゃね?。何考えてるんだ?&何故素直に勝者を讃えてやれんのだ?>鬼武健二チェアマン。母さん、全然わかんないわよ!by味っ子。

警告続出、審判の笛で波紋=ゼロックス杯サッカー

 PK戦にまでもつれたゼロックス・スーパーカップで、試合中に2人、試合終了後に1人が退場を命じられ、両チームで計9人が警告を受けた。PK戦でもやり直しがあるなど、審判の笛が勝負の行方を大きく左右した。

 敗れた鹿島の鈴木満強化部長は判定に不服を唱え、Jリーグに意見書とビデオを提出する意向を示した。広島の選手からも、警告の基準に問題があったとの声が上がった。

 鬼武健二チェアマンは「審判は反省しているはず。リーグ開幕までに準備をやり直してほしい。こういう試合でJ2が優勝したのは、いいことではない」と話した。 

(sportsnavi 3/1)

 そして最後に来たのがコレ。そうですか、○○○○大好きな○○の会社がスポンサーですか。栄光のオリックス球団も墜ちたものですなぁ…。

 せいぜい巧く「コーディネート」して、グッドウィル@西武の如く問題発生→スポンサー離脱なんて事態にならんように、努力&お祈りすることをおススメします>「青少年に夢を与える職業」オリックス球団の接待&渉外担当氏。○○が起きてからじゃ遅いんだからさ。

<オリックス>イー・モバイルと公式スポンサー契約

 オリックスは1日、携帯電話会社のイー・モバイル(本社・東京都)と、公式スポンサー契約を結んだと発表した。ユニホームの左袖にイー・モバイルのロゴが入ることに伴い、統合球団である「近鉄」のロゴが消える。機谷俊夫球団代表は「昨年11月に近鉄との契約が切れた」と説明。イー・モバイルとの契約は今年12月末までで、スポンサー料は公表していない。

(3月1日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です