史上最高のゴールはマラドーナ5人抜き

 んで、最凶ゴールは「神の手」と。あれもマラドーナなればこそだよな。

 英国のサッカー専門誌「ワールドサッカー」が、各国の有識者投票による史上最高のゴール、試合、チームを選出した。ゴール部門は、1986年W杯メキシコ大会準々決勝のイングランド戦で、アルゼンチンFWマラドーナが演じた伝説の「5人抜きゴール」が選ばれた。次点には88年欧州選手権決勝のオランダFWファンバステンの右足ボレー、3位にはRマドリードMFジダンの02年欧州CL決勝の左足ボレーが入った。また、バルセロナFWメッシが国王杯ヘタフェ戦で決めた5人抜きゴールは10位に入っている。

 試合部門は、70年W杯準決勝のイタリア-西ドイツが1位。延長で5点を取り合う激闘の末、イタリアが4-3と競り勝った。チーム部門は、同じく70年W杯で3度目の世界一に輝いたブラジルがトップだった。

(7月18日 日刊スポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です