北朝鮮でテポドン2号発射準備の兆候?

 北朝鮮北東部の咸鏡北道にある弾道ミサイル「テポドン」の発射基地周辺で、発射準備の兆候とも見られる動きがあることが分かった。

 日韓両政府の関係者が19日、それぞれ明らかにした。このミサイルは、米本土の一部に到達する能力を持つ核弾頭搭載可能なテポドン2号(射程約6000キロ超)の可能性がある。今月初めから、大型トレーラーなど機材の移動が衛星写真などで確認されたという。

 麻生外相は同日午前の衆院外務委員会で、「(その情報は)かなり前から知っていた。そこに持ちこまれたことまでは分かっている」と語った。

 ミサイル発射の可能性については、「液体燃料の注入が開始されていない段階で、何とも言えない」とした。額賀防衛長官は記者会見で、「コメントは控えたい」としたうえで、「今の時点で(安全保障上)差し迫った状況にあるとは認識していない」と述べた。

(読売新聞) – 5月19日

 相変わらず拳銃突きつけてきて譲歩を迫るような国家じゃ、ブッシュじゃなくても「ならず者」呼ばわりしたくなって当然だよなあ。とりあえず、北朝鮮の脅しは(表向き)スルーが一番なので官邸サイドの反応は妥当。もっとも、万一撃ってきたら、(命中なんてするはず無いけど)相応の制裁は加えて然るべき。その後に及んで「北朝鮮をそこまで追い詰めた日米が悪い!」なんて屁理屈こねたら、破防法適用されても文句は言えないよね?>社民党。

 しかし、今回はただの脅しとしても、マジに対弾道ミサイル防衛網の整備は急がないといけませんね。現在の「イージス艦&SM3+地上PAC3」主体のMDシステムじゃ穴が多すぎるし、デコイ混ぜられたら万事休すだし…こうなったらシシリアン・ディフェンスしかないか!(ニガワラ)。

タイタニックを引き揚げろ (新潮文庫 カ 5-2)

タイタニックを引き揚げろ (新潮文庫 カ 5-2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です