凶弾

 アメの乱射事件by韓国人学生は規模こそ大きいしその残虐性は筆舌に尽くし難いものがありますが、事件自体はある意味「想定の範囲内」の出来事。

 一方の伊藤一長・長崎市長銃撃事件。こちらは、事件そのものもさることながら、その背景・周辺に問題アリアリ。事件背景が何なのかはまだ明確に分かりませんが、狙撃犯がテレ朝などに事前に送りつけていた「犯行予告」と、それをいけしゃあしゃあと番組中のネタに使う「報道ステーション」@テレ朝に疑問アリアリ。受け取った時間が夜で、犯行阻止には間に合わなかったとか言っているけど(それならなんで「2通」+α予告状があるのよ?)、そんな取ってつけたような言い訳誰も信じちゃいないっつーの。

 まさに「見殺し」だな>テレ朝。裏ドラで「事件の現場を押さえたかったから、通報しなかった」という「本音」が乗ってくるのかどうかは分からんけど(その意味でTBSは限りなく「クロ」)。

容疑者は韓国人学生=構内の寄宿舎に居住-単独犯とほぼ断定・米乱射事件

 【ブラックスバーグ(米バージニア州)17日時事】米バージニア州ブラックスバーグのバージニア工科大学で起きた乱射事件で、地元警察当局は17日、自殺した男は大学構内の寄宿舎に住む同大4年生の韓国人学生、チョ・スンヒ容疑者(23)だったと発表した。同大で英語を専攻していたという。2カ所の犯行現場で使われた銃は同一と分かり、警察当局は単独犯だったとほぼ断定した。死者32人と米史上最悪となった16日の事件発生に衝撃を受けているブッシュ大統領は、17日午後(日本時間18日未明)に催される追悼式典に参列する。

 チョ容疑者は友人の少ない孤独なタイプだったという。背景に男女交際のトラブルがあったとの説も出ているが、犯行動機はなお不明で、警察は慎重に捜査を続けている。

 16日の乱射事件は2時間以上の間隔を置いて2カ所の現場で発生。チョ容疑者は口径9ミリなどの銃を2丁所持していたことが分かっている。そのうち1丁は2カ所の現場で使われていたことが分かり、警察は「単独の犯行であると信じる理由がある」と述べた。 

(4月18日 時事通信)

長崎市長、銃撃される=選挙事務所で、男を現行犯逮捕

 17日午後7時50分ごろ、長崎市大黒町のJR長崎駅前で、伊藤一長市長(61)が男に銃で撃たれ、救急車で病院に搬送された。政府関係者は、伊藤市長の容体について「意識不明の重体」としている。長崎県警は、男を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

 警察当局によると、男は長崎県内の指定暴力団山口組系組幹部とみられる。調べに対し氏名を含め黙秘している。

 県警によると、伊藤市長は選挙運動中で、選挙カーを降り、駅前の選挙事務所に入る途中で背後から撃たれたという。

 伊藤市長は長崎市議、長崎県議などを経て1995年同市長に初当選し、現在3期目。今月22日投開票の統一地方選の同市長選に立候補していた。 

(4月17日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です