元ペルー大統領フジモリ氏、参院選出馬を表明

 「代理人」国民新党による逃亡幇助茶番劇キタコレ。フジモリ氏を国会議員候補に担ぎ出す大義名分の主張もそこそこに、「日本政府は同氏のチリ出国をサポートしろ」と本音ビシバシですか。素人目にも分かりやすくていいけど、「そんな演技力の無さで国民の目をごまかせるとでもお思いか?>静香ちゃん」。こまかせるかもしれないけど。

 それとも、フジモリ氏の奥方関連&某国某一派への忠義面なり貸しの方が、日本国民へのそれよりもそんなに大事ですか、そうですか。しっかしやばいなあ。こんなのにキャスティングボート握られた未来なんて、社民党に一党独裁されるより鬱かも(^^;。

 【サンティアゴ=中島慎一郎】南米チリで自宅軟禁下にあるフジモリ元ペルー大統領(68)は27日夜(日本時間28日朝)、本紙に対し、国民新党の公認候補として参院選に出馬することを表明した。外国の元国家元首が、本人不在のまま日本の国政選挙に出馬する初のケースとなり、内外に波紋を広げそうだ。

 フジモリ氏は、出馬を決めた理由について「国民新党に大統領時代のテロ対策や、貧困対策の実績を高く評価してもらった。日本のためにもこうした経験を生かしたい」などと日本語で説明した。

 また、北朝鮮の拉致問題や地方経済の活性化に取り組む意欲を示した。

 フジモリ氏は、日本とペルー両国の国籍を持ち、チリ滞在のままでも法的には立候補は可能だ。

(6月28日 読売新聞)

フジモリ氏の出国求める=国民新・亀井氏

 国民新党の亀井静香代表代行は28日午前、党本部で記者会見し、同党からの参院選出馬を受諾したフジモリ元ペルー大統領を比例代表で公認することを明らかにした。その上で、チリで自宅軟禁中の同氏の身柄引き渡しをペルー政府が求めていることについて「選挙の準備、活動のために日本への出国を(チリ側に)申請する。(同氏の)選挙活動に支障が出ないよう日本政府、外務省に対応を求めたい」と語った。 

(6月28日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です