作家の氷室冴子さん死去…少女小説で一世を風靡

 若い頃、小説版に加えて、山内直実さんと組んだ漫画版が神楽の愛読書の一つでした。特に「ざ・ちぇんじ!」「なんて素敵にジャパネスク」「雑居時代」「蕨が丘物語」が好きだったなあ。

 神楽の人生を豊かにして頂き、本当にありがとうございました。その感謝の意を込め、改めて故人のご冥福をお祈りいたします。

 「なんて素敵にジャパネスク」などの少女小説で一世を風靡(ふうび)した作家の氷室冴子(ひむろ・さえこ、本名・碓井小恵子=うすい・さえこ)さんが6日午前9時、肺がんのため死去した。

 51歳だった。告別式は10日午前9時半から東京都新宿区早稲田町77龍善寺。喪主は姉、木根利恵子さん。

 北海道出身。大学在学中の1977年、「さようならアルルカン」が集英社の「小説ジュニア(現「コバルト」)」誌の青春小説新人賞佳作に入選し、以降、80-90年代にかけ、同社のコバルト文庫を中心に活躍。

 「クララ白書」「ざ・ちぇんじ!」などたくましく明るい女の子をヒロインにした軽快な小説で10代の女の子の心をつかみ、同文庫で計2000万部を発行するなど、ジュニア小説ブームを代表する作家となった。「海がきこえる」はスタジオジブリによってアニメ映画化された。

(6月6日 読売新聞)

2 件のコメント

  • goronekoさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    神楽は、比較的初期の氷室さんの作品の読者なのですが、
    故人を忍ぶ意味からも、最近の作品にもトライしてみようかと考えています。
    以前とは違う感覚で、以前触れていない作品に接すると、
    氷室ワールドに対する新しい発見があるかも知れませんしね。
    それがまた、神楽の人生を豊かにしてくれればいいかなと。
    それでは今後ともよろしくです。

    P.S.
    今も「ざ・ちぇんじ!」を読み直していますが、女東宮が妙に可愛くてなりません。
    自分、この○○年でツンデレっ子に対する考え方が相当変わったようです(笑)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です