似非盟団

 埼玉県さいたま市、東京都中野区で発生した元・厚生事務次官及びその家族への連続殺傷事件。被害者がいずれも現在の基礎年金制度の「立役者」だったことから、同制度関係&責任者へのテロの可能性が取りざたされる事態に。

 と、なると、誰もが連想するのが昭和7年に発生した「血盟団事件」。それに似たような政治的テロなのかと想像する人も多いらしく、かなり前に同事件を取り上げた弊ブログにも「血盟団」経由でアクセスして来られる方が増えました。が、

f:id:kagura-may:20070811190818j:image

 

 現役を離れた老人を騙して刺殺するような輩と同列に論じられたら、「国士」井上日召が化けて出ますわよ

 「事件後の彼らの活動を見ても分かる通り、所詮は○○○の狗」血盟団を心底嫌っている神楽ですが、それだけに、「大層なお題目を唱える陰で、殺人行為による実利をキッチリ得ていた」職業テロリストとしての彼らは理解できます。評価はできないけど。一方、元・厚生事務次官とその家族を襲った今回の連中。単独犯×2であれ連続犯であれ組織的テロリストであれ、退官した老人を殺して今さら何になるのか、さっぱり分かりません。狙われた2人が、特別な証言なり秘密暴露を図っていたとは、トンと聞かないんですけど。

 テロ行為ってのは、詰まるところ究極の自己主張と自己満足と自己顕示欲の発露ですから、その定義において血盟団と今回の(連続)殺傷事件の犯人は同列の存在です。しかし、彼らが行った行為の「意味」と言う点で、両者には雲泥の差がある。社会を動かすことはおろか歴史を逆行させる影響力「すらない」今回の犯人連中なんて、テロリストと呼ぶのもおこがましい無意味な人殺し、単なる自慰行為野郎に過ぎないとしか言えません。

今日の一銘柄

  • 不二製油(2607):油脂最大手、油脂加工品や大豆タンパク関連も展開、J‐オイルミルズと物流等効率化で提携。11/19終値は前日比32円高の1,263円。12月第1週中の目標株価1,450円。向こう半年間の目標株1,750円。

 ここで脈絡無く「【手書き】静なつで神無月の巫女EDパロ【舞-HiME】ver.2」を紹介。


D

色んな意味で懐かしいですね。オリジナルはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です