今回の死刑執行に関して千葉法相には説明責任がある件について

 

 「法相就任以前から頑なに死刑反対を言い張ってきたにもかかわらず、臨時国会開会直前のこの時期、何故に千葉景子女史は死刑執行を認めたのか」。全ての疑問はここにあります。

 まさかと思うけど、臨時国会で遵法精神の欠落したその仕事ぶりをフルボッコにされる前に、ちゃんと法相としての「義務」を果たしたとパフォーマンスするために、2人の死刑執行を認めたり執行の現場に立ち会うなんてことをやらかしたんじゃないよね?。もし万一、そのような損得勘定が「この時期の死刑執行と千葉法相のパフォーマンス」に欠片でも考慮されていたとしたら…想像することすら恐ろしいことです。

 法治国家において国家が死刑を執行しているのは、被害者及び遺族の私的復讐権の行使代行以外の何物でもなく、ましてや世の政権や与党の党利党略、私的利益に資するためじゃありません。今回2名の死刑囚が死を以って罪を償ったことに対して、神楽は特に意見はありません。しかし、彼らが「法の定める以外の要素」によってこの時期に死を強制されたのだとしたら、その点については哀れに思わざるを得ません。

民主党政権で初の死刑執行=法相自ら立ち会う―1年ぶり、篠沢死刑囚ら2人・法務省

 法務省は28日、宇都宮市の宝石店に放火し、女性店員ら6人を殺害した強盗殺人事件で死刑が確定した篠沢一男死刑囚(59)と、埼玉県熊谷市の4人殺傷事件で死刑が確定した尾形英紀死刑囚(33)について、刑を執行したと発表した。死刑の執行は昨年7月以来1年ぶりで、民主党政権下では初めて。

 死刑廃止論者だった千葉景子法相は同日の記者会見で、死刑執行に自ら立ち会ったことを明らかにした上で、東京拘置所の刑場を今後公開し、法務省に存廃を含めた死刑制度を考える勉強会を立ち上げる意向を示した。同省によると、法相が死刑執行に立ち会うのは初めて。

 勉強会は外部有識者からの意見も聞いた上で、結果を公表する方針。千葉法相は「死刑について広く国民的な議論が行われる契機にしたい」と述べた。

 千葉法相は、死刑執行の理由について「いずれも残忍な事件で、十分な審理を経て死刑が確定した」と述べた。前回から1年となるこの時期に執行したことには「さまざまなことを考えた結果だ」とした。

(7月28日 時事通信)

 無論、上記の見解は全くの妄想かも知れません。しかし、「臨時国会直前の死刑執行」という事実は、その妄想を妄想のままで終わらせるには、余りに生臭過ぎる。千葉法相とその周辺の民主党の偉いサン連中は、自身が本当に無実であるのなら、情理を尽くして国民にその真意を説明すべきです。でなければ、永遠に貴方方は「推定有罪」な輩として歴史に名を残すことになるでしょう。

 え?万一「妄想が妄想じゃなかった場合」ですか?。そんな人でなしを政権といいますか、一般社会にノウノウと安住させる気には到底なれませんな。まあその時は、神楽がどうこう以前に「社会」が彼女らの存在を許すとは思いませんがね。許すようなら…泣いて嘆いて諦めるしかないですね。色んなモノに対して。

 ここで「ハートキャッチプリキュア!映画CMその2 劇場用予告」を紹介。


D

ハトプリ主役陣3人が登場する二次予選03組。01組のつぼみ嬢に続いて欲しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です