中国脅威論に反論 呉邦国氏が山崎氏に

 【北京26日共同】山崎拓自民党前副総裁は26日、呉邦国・全国人民代表大会常務委員長と北京の人民大会堂で会談した。呉氏は日本国内にある中国脅威論に対して「中国の軍事予算は日本より規模が小さい。広大な中国の領土を防衛する責任がある」と反論した。

 呉氏は、友好関係の維持が日中両国の発展に不可欠と強調した上で「一部の政治指導者の靖国神社参拝が中日関係の支障要因となっている」と小泉純一郎首相の靖国参拝を強くけん制。山崎氏は「知恵を出して解決を図りたい。それなりに努力している」と述べた。

(共同通信) – 4月26日

中国の軍事予算は日本より規模が小さい

 兵員1名当たり人件費の差を提示しながら反論して頂けると幸いです>呉邦国氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です