中国人船長の釈放=中国への尖閣諸島支配の許可証発行な件について

 目先の圧力に屈して、将来の禍根の種をまき散らした民主党政権と外務省、経済界に災いあれ。「手持ちのカードを一枚も切らずに屈する小国」日本につかの間の平安あれ。そして、中国の無法に屈した自国の堕弱に憤慨し、眼前の現実の危うさに目覚めた日本国民が、今日この日この時より一人でも多く生まれんことを。

漁船衝突 中国人船長を釈放へ 処分保留で

 沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海内で中国漁船が海上保安庁巡視船に衝突した事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害容疑で逮捕・送検し、拘置していた中国人船長、※其雄容疑者(41)を、処分保留のまま釈放すると発表した。

 ※船長は、今月8日未明、中国籍の大型トロール漁船(166トン)を日本領海内の尖閣諸島で操業。久場島北西約15キロで立ち入り検査のため停船命令を出して追跡中だった石垣海上保安部の巡視船「みずき」(197トン)の右舷中央部に漁船を衝突させ、海上保安官の職務を妨害したとして公務執行妨害容疑で逮捕された。

 領海問題を巡り、停船命令に従わなかった中国船籍の漁船が巡視船に衝突させる行為を公務執行妨害ととらえて逮捕する異例の展開となった。石垣簡裁は19日、29日までの拘置延長を認めていた。

 那覇地検の鈴木亨次席検事は釈放の理由について「我が国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べる一方、船長の行為を「追跡を免れるためにとっさに取った行動で、計画性は認められない」などと述べた。今後釈放手続きに入るが、釈放の日時は未定という。※は「簷」の竹カンムリを取る

(9月24日 毎日新聞)

 今回の釈放決定で、日本は「『尖閣諸島=自国領』と突っ張り切れず」「外部からの圧力による超法規的措置を認めた」という2つの大きな禍根を残しました。恐らく中国は、そこまでの「果実」は求めていなかったにもかかわらず。賭けてもいい、尖閣諸島周辺海域にはいずれ中国海軍の艦艇が常駐するようになりましょう。そしてその彼らが錦の御旗に掲げるのは、他の何物でもない、今回の中国船船長の釈放を巡る一連の日本政府の決定という事になりましょう。

 何と言う損失の大きさか。何と言う恥辱の惨めさか。口惜しい。嘆息。ただ只管に嘆息。だが、見ているがいい。いつの日か、この借りは兆倍にして返してやる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です