トリック☆スター

♪ ちょっとした事でドジ踏む

♪ そんな時だってあるけどね

♪ 土建屋はいつも票になる

♪ クルクル談合がやっぱイイ!

♪ ねぇこれは辞職なんかじゃない

♪ なあなあで行こうずっといっしょに

♪ 輝いて トリックスター

♪ 公共工事を

♪ 届けてあげる君の会社に

♪ もっともっと トリックスター

♪ 君の人、票を

♪ 集めてほしい僕の選挙に

♪ キラキラきらめく利権

♪ 届け天の声

song by 「うわっ!最低の替え歌だ!」「千葉紗子に謝れ!」

http://www.youtube.com/watch?v=lgmOLsf_srU

 人、これを「往生際が悪い御仁の晩節汚し」「権力への醜い執着」と呼ぶ。その本心がいずれにあるかはともかくとして、せめてもう少しスマートにやれないものか>再出馬。どうでもいいけど、「進め!以下略」の単行本ってまだー?(チンチン)

<宮崎談合>安藤知事自動失職へ 「再出馬」後援会に伝える

 宮崎県の官製談合事件で県議会の不信任決議を受けた安藤忠恕(ただひろ)知事(65)が、辞職も議会の解散もせず、自動失職を選択し、その後の出直し知事選に再出馬する考えを後援会に伝えたことが2日分かった。週明けにも後援会の集会で正式に意向を表明する見通し。

 後援会関係者によると、安藤知事は1日の話し合いで、自ら辞職しない考えを強調。一方で議会解散でさらなる県政の混乱を招きたくはないとの意向を示したという。

 知事が12日午前0時までに辞職せず、議会を解散しなければ自動失職となり、50日以内に選挙が行われる。

 知事は1日の不信任決議を受け「辞職する気はない」と繰り返しつつ、どの道を選ぶのかは「熟慮したい」と態度を明確にせず、去就が焦点となっていた。

 県選管によると、自動失職の場合、知事選日程は来年1月11日告示、28日投開票が有力という。また、自動失職による選挙で安藤知事が当選した場合の任期は4年となる。

 知事の不信任案の可決はこれまでに岐阜県(76年)、長野県(02年)、徳島県(03年)の3例しかなく、長野と徳島では、いずれも不信任された知事が失職を選び、出直し選挙に再出馬した。岐阜の場合は、収賄容疑で書類送検された知事が即日辞職した。【中尾祐児】

(毎日新聞) – 12月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です