デザイン審査で大人のおもちゃ、性能試せぬと展示中止

 デザインや機能性に優れた製品などを選ぶ2006年度の「グッドデザイン賞」を選定するため、8月下旬に開かれた審査会に、都内のメーカーがいわゆる「大人のおもちゃ」を展示しようとしたところ、主催者側が急きょ、中止させていたことがわかった。

 「性能や機能を試す方法がなく、審査できない」というのがその理由。しかし問題のおもちゃは展示に先立ち、第1次審査の書類選考をパスしていたため、主催者側は非を認め、出展実費などをメーカー側に弁償するという。

 問題のおもちゃは男性用で、グッドデザイン賞の「商品デザイン部門」で書類選考をパス。約2500点が対象の第2次審査は8月22、23日に都内の会場で行われ、23~26日は一般に展示される予定だったが、このおもちゃだけは「審査対象外」として展示されなかった。

(読売新聞) – 9月2日

性能や機能を試す方法がなく

    f:id:kagura-may:20060902082449j:image:h150

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です