セリエAずまんが大王

f:id:kagura-may:20070209223639j:image

 暴れる連中は、何やっても暴れるしね。

あずまんが大王 8 [UMD]

あずまんが大王 8 [UMD]

セリエA、再開へ

 現地時間7日(以下現地時間)、イタリア・セリエAの試合で警察官死亡事件が起きた問題に関し、イタリア政府が厳しい安全基準法の制定を承認したことが分かった。これを受け、FIGC(イタリアサッカー連盟)は今週末からのリーグ戦再開を決めたことを発表した。ロイター通信が報じている。

 記者会見に臨んだミニーティ内務次官は「我々は非常に厳しい措置をもって対応する。前例がないほどのものだと言ってもいいだろう。おそらく、あのような悲劇に対する解答としては、これ以外に考えられない」と政府として強い姿勢で規制に乗り出すことを強調。スタジアムが安全基準を満たしていなければ無観客試合、アウェイサポーターの入場券のまとめ買い禁止、当面の試合は夜間開催禁止などの新たな規定を設ける意向を示した。

 これを受け、同連盟はリーグ再開を発表。一方で、この政府の強硬姿勢に反発を見せているクラブ代表者もおり、ナポリのデ・ローレンティス会長は「スタジアムの閉鎖なんてばかげた考えだ。そんな規則を押し付けることなんてできない。ストライキを起こさなければ」と現地メディアにコメントしている。

 また、一部の選手からも今回の決定には反対の声が上がっており、ミランのDFマルディーニなどは「数週間の中止の方がよかったよ。観客のいないスタジアムなんてフットボールの死を意味するようなものだからね」と語っていた。

 なお、セリエA、Bの各クラブ代表は8日に政府のプランに関する会合を開き、議論する予定となっている。

(2月8日 ISM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です