エビ養殖事業に実態なし=比派遣捜査員が確認-詐欺立件向け捜査・警視庁

 少し前に計画倒産潰れたマグロ養殖ベンチャーinメキシコもそうだったけど、投資家が実態確認できないのをいいことにやりたい放題ですねー(^^;>この手の詐欺会社。話鵜呑みで全部丸投げ&実態確認しない素人投資家も悪いっちゃ悪いわけだけど、ダミー施設すらまともに動かしていなかったってのは、さすがに世間を嘗めすぎとりゃせんか?と思いますです、はい>ワールドオーシャンファームご一同。

 さて、次に○○になるのはどこのどなたでしょうか…最近あちこちから漏れ聞くところから考えると、「サンラ・ワールド@コーヒー園投資inハワイ」疑惑で有名な増田俊男氏が本命ですかね?。そういや、昨年「サンラ・ワールド」の江尻眞理子女史の弟が社長やってた「あおば出版」が逝ってたっけ。あそこも胡散臭い噂が耐えない出版社だったけど、今更ながらに調べてみたら結構面白い新ネタが発掘されたりしてね♪>興味のあるメディア関係者。

 投資会社「ワールドオーシャンファーム」(東京都台東区)による投資詐欺事件で、同社がフィリピンで展開しているとしたエビ養殖事業は実態がほとんどなかったことが26日、警視庁生活経済課の調べで分かった。現地に派遣していた捜査員が確認した。

 同課は架空の投資話で出資者から現金をだまし取った疑いが強いとして、同社会長黒岩勇被告(59)=旅券法違反罪などで起訴=らの詐欺容疑立件に向け捜査を進める。

 調べによると、同社は「エビ養殖事業に投資すれば1年で2倍になる」とうたい、約4万人から約600億円を集めたとされる。

(1月26日15時1分配信 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です