アニメ最萌トーナメント2010 本戦トーナメント出場者・作品別勢力図

アニメ最萌トーナメント2010公式サイトsaimoe2010@wiki

 暴力行為や罰金疑惑などが発覚して西武を解雇された大久保博元・前2軍打撃コーチが、その暴行のきっかけとなっていた罰金徴収について「自分がそれをやらせたわけじゃない」と反論。解雇理由の説明を求める内容証明を送ったとのこと。

 「実際誰が悪いのかは良く分からんけど、西武ってこういうドロドロがよく起きるよなあ」とこの先の展開にイヤんな予感を感じながら、8/3から始まります本戦トーナメント、その出場キャラ289名の傾向を作品別に再確認。まずは、本戦トーナメント・エントリーキャラ数上位5陣営を。

  • 1位:「咲 -Saki-」エントリー18名(主力:福路美穂子(キャプテン)@一次予選14組1位、天江衣@一次予選09組1位、宮永咲@一次予選11組2位、東横桃子@一次予選06組2位、竹井久(部長)@一次予選10組2位、龍門渕透華@一次予選03組2位、原村和@一次予選06組3位、片岡優希@一次予選12組3位、国広一@一次予選07組3位、池田華菜@一次予選06組4位)
  • 2位:「ハヤテのごとく!!」エントリー11名(主力:三千院ナギ@一次予選08組1位、桂ヒナギク@一次予選12組1位、西沢歩@一次予選16組1位、瀬川泉@一次予選03組1位、鷺ノ宮伊澄@一次予選09組2位、マリア@一次予選08組3位)
  • 2位:「とある科学の超電磁砲」エントリー11名(主力:御坂美琴@一次予選02組1位、佐天涙子@一次予選10組1位、初春飾利@一次予選11組2位、インデックス@一次予選07組2位、白井黒子@一次予選12組5位)
  • 4位:「けいおん!!」エントリー10名(主力:中野梓@一次予選01組1位、平沢憂@一次予選05組1位、平沢唯@一次予選15組2位、琴吹紬@一次予選15組3位、秋山澪@一次予選12組4位、田井中律@一次予選04組4位)
  • 4位:「Angel Beats!」エントリー10名(主力:ユイ@一次予選04組1位、天使(立華かなで)@一次予選12組2位、遊佐@一次予選05組3位、ゆり@一次予選15組4位、椎名@一次予選10組5位)

 「咲 -Saki-」陣営が2009年大会に続いて第一党の座をゲット。放送終了から時間が経ち、大会形式が変わって本戦トーナメント出場人数が前大会(386名)から100名近く減ったのにもかかわらず、18名(前大会23名)をエントリーさせるというその地力の強さ。流石は前大会で旋風を巻き起こした同陣営、その戦力はいまだ健在と言ったところでしょうか。

 その「咲 -Saki-」陣営をある意味上回る成績で2位につけたのが、最萌常連の「ハヤテのごとく!!」陣営。エントリー11名中4名が一次予選1位通過と言うのは、今大会出場陣営最高の成績です。2007年大会ではナギお嬢であと一歩で届かなかった最萌女王の座。果たして今大会は、そのリベンジはなるのか。同じく2位につけた「とある科学の超電磁砲」陣営は、若さと「禁書目録」以来の知名度を武器に、1位通過2名・2位通過2名と好成績を残しての本戦入り。中央主力:ビリビリ、右翼:涙子、左翼:ういはる、後衛:変態、遊軍:インなんとかさんと布陣的には完璧な同陣営。トーナメントでの彼女らの躍進に期待です。

 2009年大会準優勝者・平沢唯嬢を擁する「けいおん!!」陣営は、一次予選1位通過2名を含む10名をエントリーさせ、万全の態勢で本戦を迎えます。流石に前大会程の勢いは感じられませんが、「咲 -Saki-」陣営同様その地力の強さは健在。展開次第では決勝トーナメント8議席のうち2-3議席を確保できる可能性もありますね。「けいおん!!」陣営と同じ10名をエントリーさせ、上位5強に滑り込んだのが、新興陣営の雄・「Angel Beats!」陣営。作品としては正直アレでしたが、天使ちゃん&ユイの2TOPをはじめとするキャラの萌え指数の高さは本物の「AB」。とかくベテラン陣営の好調が光る今大会。波乱は起こせるか。

 この5陣営に続くのが、「ひだまりスケッチ×☆☆☆(9名)」「真・恋姫†無双 シリーズ(9名)」「化物語(8名)」「迷い猫オーバーラン!(8名)」「WORKING!!(8名)」…といったところでしょうか。特に注目なのは、予選出場キャラ8名全てが一次予選それも6位以上の上位で通過している「化物語」陣営と、同じく予選通過8名中6名が一次予選5位以上通過という「WORKING!!」陣営ですね。ゆのっち@一次予選04組2位はじめ一次予選上位通過組を複数擁する古豪・「ひだまり」陣営も不気味な存在です。

 少数精鋭と言う点では、椎名真冬@一次予選04組1位をはじめコア向けキャラ揃いの「生徒会の一存(6名)」、高町なのは嬢@一次予選06組1位とフェイト・テスタロッサ嬢@一次予選13組1位の二強が無敵過ぎる「魔法少女リリカルなのはTHE MOVIE 1st(4名)」、羽入@一次予選13組3位と竜宮レナ@一次予選11組5位を擁する曲者古豪・「ひぐらしのなく頃に礼(6名)」、長門有希@一次予選11組1位が踏ん張る「涼宮ハルヒの消失(6名)」、シャナ@一次予選15組1位が引っ張る「灼眼のシャナS(3名)」、鈴川小梅@一次予選16組4位など何かやらかしそうなキャラ揃いの「大正野球娘。(7名)」と同系の姫路瑞希@一次予選16組2位を擁する「バカとテストと召喚獣(5名)」、藤林杏@一次予選02組2位と藤林椋@一次予選14組6位が旧作ファンの心をガッチリキャッチしている「CLANNAD~AFTER STORY~もうひとつの世界 杏編(2名)」あたりに注目ですね。

 あと、ちょっと勝ち目的には厳しいとは分かっていても、推さずにはおられないのが「ハートキャッチプリキュア!(3名)」と「B型H系(2名)」。比較的組み合わせに恵まれたえりか嬢@ハトプリだけでも、上位進出してくれないかなあ。

 もっとも、こういう戦力分析二の次の結果で盛り上がるのが、最萌の常であり面白いところ。続いて、明日は本戦トーナメントの組み合わせについての感想を述べてみたいと思います。

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 高町なのは STAND BY READY (1/7スケールPVC塗装済み完成品)

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 高町なのは STAND BY READY (1/7スケールPVC塗装済み完成品)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です