アニメ最萌トーナメント2008 本戦第3回戦10/17結果・ブロック決勝8試合概観及び予想・1(A-D)

アニメ最萌トーナメント2008animesaimoe2008@wiki

アニメ最萌トーナメント2008 本戦トーナメント組み合わせ表

 公明党の漆原良夫国対委員長曰く「国会は今、山本リンダ状況になっている」「どんどん走っており、『どうにもとまらない』ということだ」。

 「どっちかってゆーと、『(支持率とか過去のスキャンダルとか衆院の解散時期とか)噂を信じちゃいけないよ』のよーな気がするがなー」と首をかしげながら、まずは、10/17の結果。

G3-02組

1位 1080票 柊つかさ@らき☆すた 

2位 889票 三千院ナギ@ハヤテのごとく!

H3-01組

1位 972票 石動乃絵@true tears 

2位 555票 すず@ながされて藍蘭島

 激闘のG3-02組を制したのは、つかさ@らき☆すた。前大会準優勝者のナギお嬢@ハヤテが姿を消したことで、前大会ベスト4は全員が姿を消し、2大会連続で決勝トーナメント進出の可能性を持つのは、つかさ嬢ただ一人、か。彼女を巡る前大会の一連の展開を思い出すと、神の見えざる手ってあるんだなあと考えちゃいます。

 同日を以って、G/Hブロックの決勝戦の顔ぶれが決まりました。Gブロック左翼からは、西園寺世界@School Daysや新藤千尋@efといったギャルゲ・ヒロイン達を連破した、「ARIA」陣営最後の希望・水無灯里。同右翼からは、三千院ナギ@ハヤテのごとく!との一騎討ちを制し「2大会連続・決勝トーナメント出場」への挑戦権を得た、「らき☆すた」陣営双璧の一人・柊つかさ。Hブロック左翼からは、第2回戦で鷺ノ宮伊澄@ハヤテのごとく!や春原芽衣@クラナドとの乱戦を制した石動乃絵@true tears。同右翼からは、第1回戦から800票以上を獲得するという安定した強さを誇る、「ハヤテのごとく!」三銃士の一人にして最後の希望・桂ヒナギク。

 出場者4人中3名が陣営最後の希望のブロック決勝は、10/21そして10/22!。

 続いて、明日10/19の分も含む本戦トーナメント第4回戦、ブロック決勝戦の組み合わせと現時点での簡単な予想をば。まず今日は、8/15時点の予想を踏まえながら、A-Dブロックについて。

10/19 Aブロック決勝

Af

伊吹風子@CLANNAD(初出場)

羽入@ひぐらしのなく頃に解(初出場)

 「修羅の門・最萌編」Aブロック。古手梨花@2007大会優勝者とフェイト@2006大会準優勝者が第2回戦で相次いで姿を消す中、乱戦のブロック左翼を勝ち上がってきたのは、陣営4番手ながらスタッフ人気はNo1の伊吹風子@CLANNAD。右翼代表の羽入@ひぐらしも、C.C.@コードギアスや瀬戸燦@瀬戸の花嫁という前大会でも活躍した実力者達を連破しての堂々の勝ち上がり。

 8/15の時点では、ファイトちゃんに続く対抗馬として見ていた両名がまみえるブロック決勝。勢い及びCブロックとの連記効果で考えると、風子@クラナドがやや優勢ですが、「ひぐらし」陣営ラストワンとなった羽入には、その要素による補正票(+蔵連記消極派の調整票)が入る可能性も。

 そんなドロリンな思惑はさておいて「設定的に似た者同士の邂逅」なAf。予想は本命:風子、対抗:羽入。どちらが勝つにしても、このAブロックの結果が、D・Fブロックに与える影響は大きいでしょうね。神楽は「ヒトデヒットラー(違!)」に1票。

CLANNAD ミニミニアラームクロック 「伊吹 風子」

CLANNAD ミニミニアラームクロック 「伊吹 風子」

10/20 Bブロック決勝

Bf

千葉紀梨乃@バンブーブレード(初出場)

結城美柑@To LOVEる(初出場)

 「ゆるゆるな故の微妙なカオス劇場」Bブロック決勝には、左翼から予想通り実力上位の「バンブーブレード」2TOPの一人・千葉紀梨乃が、右翼から予想外の乱戦を制した結城美柑@To LOVEるが出場。

 基本的にゆるゆる展開だった一方、江戸前留奈@瀬戸の花嫁やヒロ@ひだまりスケッチを除いて実績上位組が早々に姿を消した展開は、今から考えるとこの大会の「世代交代」の潮流の一つだったのかも。Bブロックの試合は総じて静かであったが故に目立ちませんでしたが、新興勢力キャラ同士がぶつかるこの決勝戦までの過程は、今大会を最も端的に顕した姿なのかも知れません。

 そんな思考のお遊びは二の次の「金髪&茶髪カップルの片割れ襷がけバトル」なBf。予想は本命:キリノ、対抗:みかん。神楽は「惣菜屋の看板娘」に1票。

10/19 Cブロック決勝

Cf

柊かがみ@らき☆すた(2007本戦第3回戦敗退)

藤林杏@CLANNAD(初出場)

 「死の組・C国(しこく)」Cブロック決勝の舞台には、左翼右翼ともに実力上位の2名、「らき☆すた」陣営双璧が一人・柊かがみ、「クラナド」陣営主戦格が一人・藤林杏が名乗りを上げました。

 立て続けの激戦の過程において、ヴィータ@なのは、ゆのっち@ひだまりという推しキャラが共に2回戦敗退だったのは、個人的に少々ガックリでしたが、決勝に残った2名の顔ぶれを見ると、まあ「あるべき姿だよなあ」と納得ではあります。

 そんな感傷はさておき「京アニ+ツンデレ+双子の姉=最強コンボがつながった!」同士の対決なCf。予想は本命:かがみん、対抗:杏。神楽は「こ、こなたの分も頑張らないとなんて考えちゃいないんだからねっ!」に1票。

らき☆すた キャラソン(2)

らき☆すた キャラソン(2)

10/20 Dブロック決勝

Df

坂上智代@CLANNAD(初出場)

宮子@ひだまりスケッチ 特別編(2007ベスト32)

 「灼熱のバトルロワイヤル」Dブロック、泉こなた@らき☆すた&竜宮レナ@ひぐらしの前大会決勝トーナメント組、リインフォースII@魔法少女リリカルなのはStrikerS&マリア@ハヤテのごとく!といった実力者たちが犇めく同ブロックの血戦を生き抜いたのは、坂上智代@CLANNADと宮子@ひだまりスケッチ。

 キャラクター的に一見正反対で、本質的には近似値な二人の対決。「今大会最強の『クラナド』陣営の一員」vs「有力陣営最後の希望」という構図はAブロックと似ていますが、試合のコンセプトと支持層の属性的には、同ブロックと異なる雰囲気を楽しめそうです。

 そんなウキワクな展開を期待できる「秀才的天才」vs「天災的天才」なDf。本命:智代、対抗:宮子。神楽は「一日一膳」に1票。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です