アニメ「エル・カザド」第13話「隠す女」&第14話「メイプルリーフ」@TX

 まずは、ナディが百合母性に目覚めた、エリスが自分の百合な本心正体を知った、互いに新たな秘密を持った(*´д`*) ハァハァな第13話。変態L・Aも大活躍で、超ナイス。盗撮趣味&尻フェチ・ローゼンバーグもベリベリナーイス。いやあ、面白かったなあ♪。眼福眼福。タイミングGOODなYUUKAさんの挿入歌もナイスで耳福耳福。

 ところで、エリスと変態L・Aが同族なのは想定内だったけど、生き残りが2人ということは、リリオは「魔女」と違うのか?。それともカウント外の同族?。今後のリカルドオジサマの言動にも注目ですね。今回フラレタ&でも速攻立ち直りなポジティブシンキングな良い変態L・Aについては、言わずもがなですが。

 一方、「恋のから騒ぎの連発はいかがなものか」もとい「最初のハァハァはクマの再生」もとい「博士の光源氏計画大成功」もといエリスの悲しい過去話・第14話。第13話に続いて、真下節ブリバリwith梶原風味でナイスなエピソードだったですねぇ。少し泣けた…。引きもGJ。次回予告もヴェリGJ。

 結局、博士を殺したのは誰?。本命:ローゼンバーグだろうけど、対抗:ナディってのもありそうだな。まさに「NOIR」な展開が予想されて楽しみ楽しみ♪。まあ、それはそれとして今回言いたいのは一言。「シュナイダー博士はロリコンじゃない!」…多分。うん…多分。湖以降の一連の描写も多分…(^^;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です