もう「ヤマト」はゆっくり眠らせてやれよと思った件について

 「復活編」は大コケ、今度の「実写版」はどう見ても「デビルマン」と双璧張る位のアレな出来(らしい)。「老害作家の代名詞」松本零士御大は、先日、旭日小綬章を受賞して増長路線一直線。これだけでもたいがい腐臭でお腹一杯の「ヤマト」だけど、今回はまた何と言うか…。最近の「ヤマト」は呪われているとしか思えん。いいかげん、本作はそっとしておいてやれよ>関係者。

「ヤマト」製作西崎さん転落死=父島の港で船から海に―海保

 海上保安庁によると、7日午後0時35分ごろ、東京都小笠原村の父島の二見港で、人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」のプロデューサーだった西崎義展(本名弘文)さん(75)が船から海に転落、同村の診療所に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

(11月6日 時事通信)

 この人も覚せい剤や武器の密輸はするわ、手塚作品の権利やカネ関係でトラブル起こすわ、「ヤマト」利権でも●●●や△△を含めて関係者連中と揉めに揉めるわと、最凶クラスの業界ゴロ/ブローカーだったからなあ。ぶっちゃけ、今回の事故死も、本当に事故死か?「けじめ」取らされたんじゃね?と疑いたくなってしまいます。

 でもこの人のビジネスセンスのおかげで第1次アニメブームが興り、その後のジャパニメーション・ブランドの確立に繋がったことを考えれば、ただ悪し様に評するのも公平とは言えないかもですね。謹んでお悔やみを申し上げます。

 ここで「【MAD】創聖のプリキュアオールスターズ 」を紹介。


D

作品愛と編集センスが溢れる良MAD。作者氏GJ。それにしても、「ハトプリ」の無いニチアサなんて肉抜きの牛丼だよなあ。怪我して遊びにも行けないんで、仕方ないからIFRSの勉強してました。つまらん×2。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です