なまはげ、女風呂に=男鹿温泉郷、数人の体触る-3年間出入り禁止に・秋田

「この中に一人、悪いなまはげが居る。お前やろ?」

「いえ、違います」

「なら、九九の七の段言うてみ」

「なないちがなな、ななにも隠さんでもええやないですか奥さ…」

「お前やーっ!!」


D

 秋田県男鹿市の男鹿温泉郷で昨年の大みそかに、鬼の面を付けた若者たちが「泣く子はいねーがー」などと大声を上げて家々を回る国の重要無形民俗文化財「なまはげ」が行われた際、なまはげに扮(ふん)した男性1人が、旅館の大浴場に乱入し、女性客数人の体を触っていたことが12日、分かった。

 男鹿温泉郷協同組合と周辺の町内会は、問題を起こした男性を厳重に注意し、男性が所属する町内会について、温泉郷でのなまはげ行事への参加を3年間禁止した。 

(1月12日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です