だってTBSだもん

 ただでさえ中立性に欠ける既存メディアの中でも、特に捏造&偽装が当たり前のTBS。この程度のことは想定の範囲内。他局は配慮してくれないと(違)。

5人けが、複雑骨折も=「新SASUKE」収録で-TBS

 参加者が運動能力を競うTBSのバラエティー番組「新SASUKE2007」(3月21日放送)で、30代の男性参加者が右足を複雑骨折する大けがを負っていたことが6日分かった。ほかにも、2人がねんざ、2人が脱臼をしていた。

 TBSによると、横浜市青葉区のTBS緑山スタジオで3月3日に行われた収録中、ロープをつたって下りる最初の競技「ロープグライダー」の着地時に事故が起きた。骨折した男性は、救急車で病院に運ばれ、全治6カ月と診断された。

 番組プロデューサーは詳細を把握しておらず、出場したタレントが脱臼したことが今月2日に一部で報じられ、再確認した結果5人のけがの状況が分かり、神奈川県警には今月3日になって届け出た。

(4月6日 時事通信)

TBS「サンデージャポン」の街頭インタビュー 事前に出演依頼

 TBSが日曜午前に放送しているバラエティー番組「サンデー・ジャポン」の街頭インタビューで、事前にスタッフが特定の男性に出演依頼をしていたことが6日、分かった。

 TBSによると、この男性は昨年12月から今月まで、東京・秋葉原で行った街頭インタビューに4回登場した。1、2回目は偶然に取材したが、その後は番組ディレクターが事前に取材を依頼。とくに3回目(2月11日放送)は、依頼したにもかかわらず「街行く人」として男性のコメントを紹介していた。

 TBSは「男性の個性にディレクターが魅力を感じたために依頼をした。3回目で“街行く人”と紹介したのは誤解を与えかねないものだったが、発言内容の誘導や金品の授受はしていない」とコメントしている。

(4月7日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です