すかいらーくMBO成立 9月下旬にも上場廃止

 外食最大手のすかいらーくは11日、経営陣による自社買収(MBO)のための株式公開買い付け(TOB)が成立した、と発表した。議決権の94・38%に当たる株式を集めた。同社は9月下旬に上場廃止の見通し。

 TOBに応募しなかった株式も、産業再生法に基づく手続きで取得する方針。株式買い付け額は最大2718億円と、国内最大のMBOとなる。

 すかいらーく経営陣は、株式を非公開にすることで、短期的な利益を求める株主の干渉を受けずに、大胆な経営改革ができるとしている。店舗の統廃合や新規事業を加速させて収益力の回復を図り、株式の再上場を目指す考えだ。

(共同通信) – 7月11日

株式を非公開にすることで、短期的な利益を求める株主の干渉を受けずに、大胆な経営改革ができる

 嘘を言うな。嘘を。創業者一族の借金返済原資捻出のためだろーが>MBO。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です