こんなに主権侵害な聖火リレーも珍しい

 他国でリレー応援する時は、五星紅旗じゃなくせめて五輪旗を振れよ。中国賛辞&チベット批判の怒号じゃなく五輪やリレーランナーを応援する歓声を上げろよ。他国の旗や支持者に圧力をかけるのじゃなく彼らとの共存を願うポーズを示せよ。政治的ショーじゃなく五輪イベントだとわかっているならさ!>沿道を占拠した中国人達。あと、ゴミはちゃんと持ち帰れ。「半官製の別動隊」に任せたりせず。それが、イベント参加者の最低限のエチケットだ。少なくとも日本ではな。

 日本人の便乗犯騒動屋etcの醜態といい、中国人「だけ」に異常な譲歩を示した長野県警の弱腰といい、主要メディアからはほとんど黙殺されたチベット側支援者の活動の悲惨さといい、ほんと胸糞の悪くなる聖火リレーin長野でしたよ。

(振り返りたくもないけど)まずは長野市の乱痴気騒ぎの概観記事を。

<聖火リレー>「加油」!「フリー チベット」! 鳴り響く双方の叫び声

長野、聖火走った 騒然3000人超す警備の盾 ランナー80人星野さん先陣

観客は8万5000人=妨害で逮捕6人に-「チベット問題訴え」・聖火リレー中国主席訪日へ「追い風」=長野聖火リレー、成功強調=駐日大使

とりあえず、日本の恥を晒して捕まった5人の馬鹿と、中国人グループを挑発するなどして騒乱一歩手前まで事態を悪化させた愉快犯(偽チベット人)連中には腹を斬って欲しい。それ位彼らのしたことは日本人として恥ずかしいし、情けない。彼らと比べたら、「五輪と政治は別物」と他国政府を批判しておきながら、ご自分は胡錦濤国家主席の訪日と抱き合わせで五輪を語った「中国の言行不一致の生きた見本」崔天凱駐日大使の厚顔なんて、全然許せます。

 

長野前にリレーが開催された他国ではこんな調子。

五輪=バンコクで聖火リレー 一部で緊張の場面も

<マレーシア>聖火リレーで日本人3人保護 中国人ともめ

聖火虚しい隔離リレー インドネシア・ジャカルタ

<北京五輪>豪州キャンベラで小競り合い 聖火リレー

国王の孫娘にリレー参加辞退されても、根回しの宜しきが奏功してつつがなく「お引き取り」に成功したタイ。お調子者の日本人が危ない目にあったが、何とか難を逃れたマレーシア。ほんと、華僑が幅をきかせつつあるマレーシアでよく守ってもらえたよなー。戦慣れしてない一般日本人は、華僑の力が弱くて今回のリレーも「引きこもり」開催だったインドネシア位で抗議行動やんなさいよと。あるいは他国に迷惑かけないように日本国内でな。え?オーストラリア?既に中国に上から下まで○玉握られてどうにもならない状態ですが何か?。

そして予想通り、順調にナショナリズム暴走中>中国。いいかげんにしなさいよ。

聖火を守った「車椅子の天使」、大学の思想教育の教材に―中国

<聖火リレー>長野に「命がけで守る留学生」4千人が日本中から集結―中国で報道

聖火リレーの混乱防いだインドを絶賛、パリ聖火リレーは五輪史上の汚点―香港紙

<続報>聖火リレーでチベット旗振った中国人留学生の情報流出、大学側が調査を開始―米国

戦前の日本並の挙国一致&大政翼賛&国家主義体制が幅を利かせていますな>中国。はて、今は何世紀でしたっけ?。

最期にこちらの記事を。

聖火リレー チベット暴動の犠牲者を善光寺で追悼

善光寺の英断に乾杯。”Free Tibet!”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です