これも一種のデタントだな~天台・高野山真言宗トップ対談

 となると、当然その背景には何らかの「利害」が存在するわけだけど、さて今回のケースでは何がそれにあたるのかな?。

1200年ぶり…天台・高野山真言宗トップ対談

 天台宗の半田孝淳(こうじゅん)・座主(ざす)(94)と、高野山真言宗総本山・金剛峯寺の松長有慶(ゆうけい)・座主(82)による対談が昨年12月25日、京都府と滋賀県にまたがる仏教聖地の一つ、比叡山で行われた。

 両宗の開祖、最澄と空海が晩年、対立したとされることから、両座主が長時間にわたり意見を交わすのは1200年の歴史の中で初めてとなる。

 東日本大震災を体験した日本人の心のあり方を宗教人として示したいという松長座主の提案に、半田座主が応じる形で実現した。日本人はこれからいかに自然や環境と関わっていくべきか。両座主による初めての対談は、被災後の日本人への示唆に満ちたものとなった。

(1月7日 読売新聞)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です