うの2000億円企業社長と来春結婚

 タレント神田うの(31)が、交際中のレジャー産業グループ社長の西村拓郎氏(36)と結婚することが4日、分かった。近く両家で結納を交わし、来年春にも挙式する。2人は8年前に出会った。その後、うのは別の男性から婚約指輪を受け取るほどの恋を経験したが、間もなく破局。悲劇もデザイナーとしての成功も、友人として見守り続けてくれた西村氏と結ばれた。

 うのと西村氏は8年前から友人関係だった。2年前から恋愛関係になり交際を続けてきた。昨年秋ごろからは毎日のように会い、お互いの自宅で食事をする、家族ぐるみの仲に発展していた。

 今年に入ってから「結婚」を意識した。6月に行われたドレスの新作発表会で「幸せです。心は結婚している感じ」と打ち明けていた。西村氏も結婚のタイミングはうのの判断に任せており、ゴールインは秒読み状態だった。10月、米ニューヨークで開催した、うのデザインのウエディングドレス発表会の成功が節目になったとみられ、終了後は「結婚は時期が来たらご連絡します」と語っていた。

 西村氏はパチンコチェーン「エスパス」で知られる日拓リアルエステートなどの社長を務める。創業者の御曹司で不動産業など関連会社で構成する日拓グループは従業員約1300人で05年の売上高は2000億円を超える。恋人関係になる前から、うのの恋と仕事を静かに見守り続け、相談相手として支えてきた。昨年10月、うのが初めて西村氏との交際を明かしたときには「私が失恋した際にもずっとそばにいてくれた。男らしく、優しく、頭も良くて大好き」と紹介。西村氏もうののことを「思いやりの名人。表裏のないピュアな人。生まれながらの『姫』」と表現するなど、ひかれ合っている。

 奔放な性格で、恋愛については出会いも破局もオープンに語ってきたうのは「恋多き女」と思われがちだが、結婚観は厳格だ。しきたりを重んじる両親の影響もあり、「相手の家族も含めて人生に深くかかわることで、重い責任が生まれるから人生で1度きり」と固く決めている。昨年秋の日刊スポーツのインタビューに「結婚するなら、私にやさしいだけではだめ。家族や友人も大切にして欲しい」と語っている。家族ぐるみの交際を経て、自分も家族も守ってくれる西村氏を生涯の伴侶に選んだ。近日中に結納を交わす。

 現在はタレント業より、デザインや販売計画にまで携わるプロデュース業に時間を割くことが多くなった。ストッキングに続き手掛けたウエディングドレスでNYにも進出した。カラフルでワンポイントの飾りも大きいうの流のドレスは、多くの花嫁を彩ってきた。挙式は来年春を予定している。ついに自分を祝福する日がやってきた。

(日刊スポーツ) – 11月5日

 何かと男運の無い神田うのだけど、今度の相手についても「前例に違わずアレな相手だなあ…」っていうのが神楽の(従来からの)感想。

 とりあえず、「西村拓郎氏が男らしくて優しい」?。そんなナイスガイな御仁なら、女をトッカエヒッカエシタ挙句、捨てた元カノに刺されたりはしないと思いますがねー。オヤジの西村昭孝氏もタイガイだったけど、ボンボンはそれに輪をかけてアレなスメルがプンプンするのは気のせいでしょうか?。

 もっと穿った見方をすると、今回の記事自体からして、「提灯記事&捏造記事なら任せろ!」ニッカンが「どこぞの臭いの元やミス打算」の意を汲んで書いたものじゃないかとすら思えたり。他のメディアはどこも「確報」出してないしね。そう思えてしまうくらい、この話は全体として「胡散臭い」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です