いまだにインサイダー事件のツケが大きい野村證券な件について

 業界トップの座に慢心していたら、いつの間にやら足元ぐらぐら。なんだか、かつての山一のようだ。

<野村証券>日航再上場で中核主幹事外れる

 日本航空が計画している東証1部への再上場に絡み、主幹事証券会社の野村証券が、再上場の業務を担う仕切り役(グローバルコーディネーター)という中核的な役割から外れたことが23日明らかになった。同証券では企業の公募増資を巡るインサイダー取引問題で計3件の情報漏えいが発覚しており、こうした問題が日航の主幹事業務にも影響を与えたとみられる。

 9月にも実施される日航の再上場では国内外の証券会社7社が主幹事となり、うち野村と大和証券の2社が株式の売り出しなどで主幹事間の調整を担う仕切り役に選任されていた。野村は仕切り役から外れるものの、主幹事の1社として国内個人投資家向けの株式販売などを行う見通し。

 増資インサイダー取引問題を巡っては、日本政策投資銀行も同行の債券発行の主幹事から野村を外すことを決めるなど、「野村外し」の動きが広がっている。【浜中慎哉】

(7月23日 毎日新聞)

 さて、今年のディールランキングはどうなるかねえ。このまま行くと大和まさかの大勝利!か?。

 ここで「【MAD】恋のメガラバ」を紹介。


D

温故知新。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です