【開票瞬殺】東京都知事選は舛添要一が勝利【想定内過ぎ】

 流石に昨日の大雪と、それによる投票率の「追加」引き下げは想定外だった。とは言え、大勢にはあんまり影響なかったね。お祭り浮動票が減ったのは、残念だけど。

f:id:kagura-may:20140116232535j:image

 ホント、細川陣営の凋落振りも含め、全体としては告示時点&1月前の予想通り過ぎる展開で、実につまらん選挙だった。あとは、タモさんの得票率が10%前半のどこまで行くかくらいか。2位以下の順位と各候補の最終得票率だけ確認したら、本件については終わりだな。

舛添氏が当選確実 都知事選、宇都宮氏・細川氏ら破る

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選が9日、投票された。新顔で元厚生労働相の舛添要一氏(65)が、日本弁護士連合会前会長の宇都宮健児氏(67)、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)、元首相の細川護熙氏(76)らを破り、初当選を確実にした。

 舛添氏は「東京を福祉で世界一の街にしたい」と、少子高齢社会に向けた対策の重要性を強調。2020年東京五輪については「史上最高の大会にする」と訴えた。経済対策では「中小企業を支援し、人材を育てる」と呼びかけた。

 街頭演説では、厚労相時代の保育所不足問題への取り組みなどを前面に打ち出し、母親を介護した経験も伝えた。参院議員を2期務め、国際政治学者としての知名度もいかし、支持を広げた。

 政党では自民、公明両党が支援。安倍晋三首相や山口那津男公明党代表のほか、石破茂幹事長、下村博文文部科学相らが街頭演説で応援に入り、両党の支援団体も舛添氏を支えた。

 細川氏は小泉純一郎元首相と「原発ゼロ」を掲げたが、舛添氏が「脱原発依存」を主張し、原発政策を最大の争点にできなかった。前回12年都知事選に続く立候補で共産、社民両党の推薦を受けた宇都宮氏、石原慎太郎元都知事の支援を受けた田母神氏も届かなかった。

(2月9日 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です