【合わせ技一本狙いなんて】ゲル石破、特定秘密保護法案と国家安全保障会議設置法案のダブル成立を目指すと発言【まだるっこしい】

f:id:kagura-may:20130620221149j:image

「どうせ本命はスパイ防止法なんだろ?って、世間にはバレてるんですから、最初っから同法案で勝負すればいいんですよ」

 前にも同じネタで書いたけど、自公政権は「昔の利害関係者」や「これからの太鼓持ち候補」に、フェードアウトや転向の猶予期間を持たせ過ぎ。

 粛清はサッと始めて、サッと終わらせる。大規模に、要領良く、大衆が無用に怯え始める前に。マキャベリズムの初歩だろうが。

<秘密保護法>「日本版NSC」との成立目指す 自民幹事長

 自民党の石破茂幹事長は13日夜、BS-TBSの番組に出演し、政府が15日召集の臨時国会に提出する方針の特定秘密保護法案と国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案の審議について「一緒にやるべきだ。切り離して、(来年の)通常国会に送る必要はない」と述べ、臨時国会で両法案の成立を目指す方針を示した。また与党幹部は13日、両法案を審議する衆院特別委員会の委員長として、自民党の額賀福志郎元防衛庁長官を起用する方向で調整していることを明らかにした。

(10月13日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です