【仮面ライダーは】「ウルトラマン」、最も派生テレビシリーズが作られた番組としてギネス認定【25作品】

 多分。何れにしても、たいしたもんだ。「ウルトラマン」も「ライダー」も。

ウルトラマン、ギネスに認定=テレビで最多派生作

 ギネスワールドレコーズジャパンは12日、人気特撮キャラクター「ウルトラマン」を「最も派生テレビシリーズが作られた番組」として世界記録に認定したと発表した。

 円谷プロ制作の「ウルトラマン」は1966~7年放送。その後「ウルトラセブン」や「ウルトラマンタロウ」などの後続作品が生まれ、今年7月からは最新作「ウルトラマンギンガ」の放送がスタート。映画作品などを除く27作が派生作品と認められた。

 同日、東京都内で行われた認定式には、ウルトラマンのほか、タロウ、ギンガらが登場。「ギンガ」で主役を務める俳優の根岸拓哉さん(17)は「脈々と作品を受け継いでくれたスタッフのおかげ」と興奮気味に話した。 

(9月12日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です