「造反組」の擁立目指す 参院選向け小沢氏明言

 

民主党の小沢一郎代表は28日午後、徳島市内で記者会見し、来夏の参院選に向けて、自民党を離党した「郵政造反組」の民主党からの擁立や共闘関係の構築を目指す方針を明言した。

 小沢氏は造反組として昨年の衆院選に非公認で出馬した無所属現職や落選議員らへの対応に関して「民主党の公認候補として、いろんな方々の力添えをいただき、総力を結集できるというのが最善だ」と強調。

 同時に「党派にこだわらずに自公を過半数割れに追い込むという一点で協力し合えればいい。公認ではやりにくいという時には公認候補にこだわらなくていい」と述べ、無所属の非自民統一候補としての支援も検討したい意向を示した。

(共同通信) – 5月28日

 単純明快な「敵の敵は味方」、さすがは野合マスター・オザワ!。主義主張無き「数は力」のこの姿勢はまさに旧・田中派、経世会そのもの。なんだかもう、自民党の内ゲバにしか見えませんな>自民vs民主。民主党(というより小沢氏)の支持率がアップしているそうですが、その支持層を腑分けしたら、結構な確率で「旧・自民党支持者」が含まれているような気がします。

小沢一郎の政権奪取戦略

小沢一郎の政権奪取戦略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です