「路線変更の第一歩」な選挙結果

 ミャンマーと日医では相当意味合いが違うけど。

スー・チーさん下院当選宣言…ミャンマー補選

「ミャンマーの議会補選は1日、投票が行われ、即日開票が始まった」「民主政党・国民民主連盟(NLD)を率いるアウン・サン・スー・チーさん(66)は下院補選で圧倒的な支持を集め、NLDは同日夕、スー・チーさんの当選を宣言した」。彼女一人から始まるか、彼女一人で終わらされるのかが重要だ。

日医会長選、横倉氏が初当選 「親民主」の現職敗れる 自民党との関係修復へ

「日本医師会(日医、会員約16万5千人)の会長選挙が1日行われ、決選投票の末、横倉義武副会長(67)が、現職で再選を目指した原中勝征会長(71)を破り初当選した」「「親民主党」路線を主導した原中氏が敗れたことは次期衆院選をにらみ、業界団体の「民主離れ」が加速していることを裏付けた。古賀誠元自民党幹事長ら自民党幹部と太いパイプを持つ横倉氏の会長就任により、日医は自民党との関係修復に向け、路線転換する公算が大きい」。ぶっちゃけ、古賀誠の勢力が復活するのは、御免被りたいんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です