「謎の彗星」が地球最接近へ=今月末から見えるかも-国立天文台

 かつて半世紀も行方不明になり、現在は分裂を重ねている「シュバスマン・バハマン第3彗星(すいせい)」が、5月12日に地球に最接近する。国立天文台はゴールデンウイークに親子などで観察した成果を報告してもらう「謎の彗星見えるかな?」キャンペーンを行う。接近するにつれて明るくなるため、双眼鏡を使えば今月末から見えるかもしれないという。

 同彗星は、遠いときは木星軌道付近まで離れる楕円(だえん)軌道を5年4カ月で1周している。1930年の接近時に発見されたが、小さく見えにくいため、79年まで行方不明に。95年の接近時には、核が3つに分裂していることが分かった。今月6日には、数十個の破片が確認された。核が分裂すると、急に明るくなる可能性がある。

 天候が良く、月明かりがなければ、同彗星は5月上旬の午後8時には東北東、午前3時には西の空に見える。 

(時事通信) – 4月22日

 謎の彗星が通り過ぎ、つかの間の天体ショーが終わりを告げた瞬間、世界は視力を失った。そして闇に慄く人々にひたひたと忍び寄る謎の吸血植物…なんて展開になったらどうしよう(^^;

デイ・オブ・ザ・トリフィド [DVD]

デイ・オブ・ザ・トリフィド [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です