「絶対に許さない!」レイニー・ヤンの謝罪は逆効果―北京市

 レイニー・ヤン女史@「自分色&親日色を出そう」根性が空回りしての一騒動。アホだねえ。

 この騒動自体は一タレントの自爆にすぎませんが、これをダシにして反日的ナショナリズムを煽る輩がどこまで出てくるか>中国。下段2段目の記事のような前例もあるし、個人的にはそっちの流れの方に興味があります。

2007年4月3日北京市内で記者会見を開き、再び過去の問題発言について謝罪したレイニー・ヤン。これが逆効果となり、中国本土では前にも増して激しいバッシングの嵐が巻き起こっている。

2007年4月3日、台湾の人気アイドル、レイニー・ヤン(楊丞琳)は、北京市内で記者会見を開き、自身の過去の問題発言について再度正式に謝罪、その場で謝罪文も書いた。しかし司会進行役の男性が、最初に彼女の主演映画の宣伝をしたり、彼女をかばうような態度をとったため、これをネット上で見た人々が激怒。「謝罪じゃなくて、映画の宣伝だ。」「いつもいつも同じ言い訳ばかり。」だと非難の集中砲火を浴びた。

調査によるとネット参加者の80%が、今回の謝罪は到底受け入れられないとしている。

日本大好きで有名レイニー・ヤン、4年前のテレビ番組の中で「抗日戦線って、たったの8年間?」とコメントした。そのあとには、「私の前世は絶対に日本人!着物を着るとピッタリくるんだもん。」と言い、続いて「中国人ってダサい。」「中国では金持ちしかパジャマを着ないんだから。」といった侮辱的発言を繰り返した彼女。そう簡単には、中国の人たちに許してはもらえないようだ。(翻訳・編集/本郷智子)

(4月5日 Record China)

<中国>台湾トップアイドルが抗日戦争巡るテレビ発言を謝罪

 【台北・庄司哲也】台湾の人気アイドル、楊丞琳(レイニー・ヤン)さん(22)が、抗日戦争を巡るテレビ発言で歴史認識問題に巻き込まれ、中国で謝罪会見を行った。4年前に台湾のバラエティー番組で抗日戦争の期間を問われ、答えを間違い、中国のインターネットサイトで批判が起きたためだ。台湾の歌手やタレントは中国大陸にも数多く進出しており、政治的な問題に巻き込まれる例も少なくない。

 楊さんは台湾のトップアイドル。番組の中で抗日戦争の期間を聞かれ「11年」と誤って回答したところ、司会者から「8年」と間違いを指摘され、「たった8年だけ」と思わず答えてしまった。発言は中国大陸にも伝わり、「抗日の歴史すら知らない」「お前は日本人か」との非難の渦に巻き込まれた。

 「哈日族(日本大好き族)」のアイドルとして売り出し、人気を集めていた楊さんは、日中間の歴史認識問題に足をすくわれた格好だ。

 楊さんは今月3日に北京で記者会見を行い、4年前の発言について「私があまり歴史を知らないために誤解を招いてしまいました。許してください。これからも歴史の勉強に励みます」などと謝罪。中国側の司会者から「中国人民の抗日戦争での奮起」というタイトルの本を手渡された。

 中国ではこれまでも、台湾の人気歌手、張恵妹さんが台湾の陳水扁総統の就任式で「国歌」を歌ったため中国で出演していたCMを打ち切られたり、家族が陳総統の有力支持者であるトップモデル、林志玲さんがインターネット上で批判を浴びた例がある。

(4月7日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です