「移民+不況」でノルウェー、イギリスと来れば次の事件は…について

 フランスか、ドイツか、オランダか。「不況ドライブ」の要素を考えると、スペインやイタリアの方が本命とも言えるかな。

英首相「暴力容認せず」 ロンドン厳戒、周辺地域は被害続く

ロンドン(CNN) 英国各地で続く暴動に対し、英キャメロン首相は10日、緊急対策委員会の2度目の会合後に首相官邸前で記者会見し、「反撃が進行中だ」と述べて事態収束に向けた強い姿勢を示した。

キャメロン首相は「相次ぐ暴力は食い止める。わが国はこのような事態を容認しない。恐怖の文化の存在は認めない」と述べ、暴動に関与した者は裁きを受けさせると強調。警察には「卑劣な暴力」に対抗するためあらゆる手段を行使する権限を与え、必要があれば放水砲も利用する用意があるとした。警察は容疑者の写真をインターネットで公開し、一般からの情報提供を呼び掛けている。

ロンドンには9日夜、約1万6000人の警官が配備され、暴動を抑え込んだ。10日夜も同じ態勢で厳戒を続ける。ロンドン警視庁は10日朝までに805人を拘束。警察官の負傷者は100人を超えた。拘束者の最年少は11歳だという。

一方、マンチェスター、リバプール、ノッティンガム、バーミンガムなどのミッドランド地域では、9日夜から10日にかけて被害が相次いだ。

バーミンガムでは英国系パキスタン人の男性3人がひき逃げされ、殺人事件として捜査していた警察が男1人を逮捕した。警察はバーミンガム周辺で9日から10日にかけて160人以上を拘束。ノッティンガムでも9日夜だけで、略奪や暴動にかかわったとして約90人が拘束された。

(8月11日 CNN.co.jp)

 日本も、労働力欲しさに安易な移民政策推進なんてやらかせば、これら欧州諸国と同じ轍を踏むことになるだろうな。つるかめつるかめ。

 ここで「【らき☆すた】 日下部みさおに恋愛サーキュレーションを歌ってもらった」を紹介。


D

ナイス調教。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です