「東京都が筋を通すなら国は認めるべき」尖閣上陸計画な件について

 尖閣諸島は日本国の領土。故に東京都が国内法に準拠して手続きを進めてくるならば、日本国政府がそれを認めることに何ら問題は無い。国有化の是非とは別に。

 そういう実際の行動と共に、「尖閣問題の処理は国内法の範疇で行う」というメッセージを国内外に発信することが、「尖閣諸島は日本」と主張している日本国の覚悟を世界に知らしめることになる。現政権内の売国奴への牽制その他とは別に、純粋にその覚悟を特アに突き付けるためにも、日本国政府は東京都に尖閣上陸を許可すべきだ。

森本防衛相、都の尖閣上陸を許可すべきだと見解

 森本防衛相は21日午前、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の購入計画を進める東京都が政府に島への上陸許可の申請を予定していることについて、「必要な目的がはっきり付されれば、受け入れるのが適切な処置だ」と述べ、申請は許可すべきだとの考えを示した。

 東京都内で記者団に語った。

 防衛相には上陸許可を判断する権限はなく、個人的な立場で見解を示した。政府は国有化を目指しているため、都の許可申請への判断は当面保留する方針を固めている。

(7月22日 読売新聞)

 森本防衛相は、自衛官OBとは言え民間からの入閣だったんで、どこまで仕事をやれるのか?と思っていましたが、意外や意外、結構腰の据わった御仁の用で。地元有権者や特アからの圧力にビクビクして何もできなかった国会議員上がりの歴代防衛相のようにはならず、是非とも「正論」で国防を論じ続けて欲しいものです。

 ここで「【東方×人類は衰退しましたop】幻想郷は衰退しました」を紹介。


D

第9回MMD杯予選開始。ちらりと観ましたが予選の数十秒レベルなのに、まあ、皆さんレベル高!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です